フィンエアー、新型コロナ流行で関西ーヘルシンキ間の増便取りやめ Finnair cancels flights between Kansai and Helsinki due to new coron


フィンエアー(FIN/AY)は2020年夏季スケジュール(3月28日~10月24日)で予定していた関西-ヘルシンキ線の増便を取り止める。週2便増便して週12便体制に拡充する予定だったが、従来通りの週10便体制を継続する。

Finnair (FIN / AY) will cancel the increase in flights on the Kansai-Helsinki route scheduled for the 2020 summer schedule (March 28 to October 24). The company planned to increase the number of flights two times a week to 12 times a week.


4回の閲覧

最新記事

すべて表示

日通、中国・蘇州―ベトナム・ハノイで鉄道輸送サービス開始 Nittsu Launches Rail Transport Service between Suzhou and Hanoi

日本通運東アジアブロックが、中国・蘇州(江蘇省)発ベトナム・ハノイ向けクロスボーダー鉄道輸送サービスを開始した。中国華東地区とベトナム北部のいずれも電子機器・部品関連を中心とする製造業集積地を結び、リードタイムは8~10日。中国発アセアン向け海上輸送もスペースと空コンテナが不足し、運賃が高止まりする。代替輸送需要を見込み、BCP(事業継続計画)に対応する新サービスを開発したという。 Nippon

1月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) Forwarder Ranking in January (International Air Cargo Handling Volume)

1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で22,572㌧(前年同月比+50.0%)、2位は近鉄エクスプレス12,726㌧(+25.4%) 、3位は郵船ロジスティクス11,908㌧(+46.0%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)5,103㌧ (+42.3%)、5位は阪急阪神エクスプレスは4,961㌧(+49.5%)だった。前月に続き、全社前

日本発航空輸出混載貨物実績(1月) Air cargo exporting from Japan results (January)

1月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が 8万7558 3㌧(前年同月比+34.0%)、件数が21万9375件(+15.0%)だった。 重量は2カ月連続の増加。中国を中心にアジア向けが大幅増加した。品目別では自動車関連が好調。海上輸送が混乱しており、航空便が代替したことも実績を押し上げた。 Air freight consolidation shipments from Japan in Jan

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.