日通、新型コロナ影響下でのBCP対応ソリューションを開始 Nippon Express launches BCP-compatible solution under the influence of


日本通運は、新型コロナウイルスの影響による中国国内の物流制限・停滞に対応するため、従来の輸送サービスを新たに組み合わせて代替輸送とする4つの事業継続計画(BCP)対応商品の提供を開始する。従来の 「沿岸都市間の内航船を活用したサービス」 に加え、「中国発日本経由欧米向けSEA&AIRサービス」「中国欧州間鉄道と中国国内鉄道の連携サービス」 「国際陸海貿易新通道(東向通道・南向通道)を活用した中国内陸部発着SEA&RAILサービス」のソリューション事業を提供する。

Nippon Express will launch four business continuity plan (BCP) compliant products that will replace existing transportation services with alternative transportation in order to respond to logistic restrictions and stagnation in China due to the impact of the new coronavirus . In addition to the existing service utilizing coastal shipping between coastal cities, SEA & AIR services from China to Europe and the United States via Europe, China-Europe Railways and China's domestic railway services, Provide SEA & RAIL service solution for inland China using southward road).


27回の閲覧

最新記事

すべて表示

中国、防疫強化による航空スペース減で中小フォワーダー打撃

中国政府の防疫強化による上海浦東国際空港のオペレーション能力低下から日本発中国向けの航空輸送スペース不足が続き、特に中小フォワーダーが打撃を受けている。上海向けでは航空会社の受託制限からスペースが大幅に縮小しており、同空港向けの輸送スペースは長期契約分のみに限られる状況だ。余剰スペースはなく、長期契約のない中小FWDは直行便のスペースが利用できない。北京や広州といった中国の他のゲートウエー空港も同

21年8月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量)

2021年8月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で21,551㌧(前年同月比+52.8%)、2位は近鉄エクスプレスで14,016㌧(+55.6%) 、3位は郵船ロジスティクスで12,016㌧(+72.8%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で5,068㌧ (+64.6%)、 5位は阪急阪神エクスプレスは4,904㌧(+90.3%)だった。

中国フォワーダーApex、アジア発北米向けの航空チャーター拡充

中国エアフォワーダー大手のApexロジスティクスは、ピークシーズンを迎え、アジア発北米主要都市向けの航空チャーターを拡充している。今月には、中国発64機、香港・台湾発41機、ベトナム発26機の北米向けだけでチャーター計131機を仕立てて、ピークシーズンの需要に対応する。中国政府が実施している輸入貨物の「封鎖管理」による空港現場のオペレーション能力の減少で、貨物便供給の戻らない同国の上海浦東空港では