日通、新型コロナ影響下でのBCP対応ソリューションを開始 Nippon Express launches BCP-compatible solution under the influence of


日本通運は、新型コロナウイルスの影響による中国国内の物流制限・停滞に対応するため、従来の輸送サービスを新たに組み合わせて代替輸送とする4つの事業継続計画(BCP)対応商品の提供を開始する。従来の 「沿岸都市間の内航船を活用したサービス」 に加え、「中国発日本経由欧米向けSEA&AIRサービス」「中国欧州間鉄道と中国国内鉄道の連携サービス」 「国際陸海貿易新通道(東向通道・南向通道)を活用した中国内陸部発着SEA&RAILサービス」のソリューション事業を提供する。

Nippon Express will launch four business continuity plan (BCP) compliant products that will replace existing transportation services with alternative transportation in order to respond to logistic restrictions and stagnation in China due to the impact of the new coronavirus . In addition to the existing service utilizing coastal shipping between coastal cities, SEA & AIR services from China to Europe and the United States via Europe, China-Europe Railways and China's domestic railway services, Provide SEA & RAIL service solution for inland China using southward road).


21回の閲覧

最新記事

すべて表示

2019年中国フォワーダーランキング、日通14位 The 2019 China Forwarder Ranking, Nippon Express ranked in 14th

中国国際貨運代理協会(中国フォワーダー協会、CIFA)は2019年の中国フォワーダーランキングベスト100を発表した。総合1位はシノトランス、2位は海運最大手のチャイナ・コスコ・ホールディングス傘下の中遠海運国際貨運(コスコ・インターナショナル・フレート)、3位は中国物資儲運集団だった。日系現地法人では日本通運14位、近鉄エクスプレス23位、郵船ロジスティクス29位にランクイン。事業別では、日通が

2020年12月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) Forwarder Ranking in December 2020

2020年12月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で23,366㌧(前年同月比+35.0%)、2位は近鉄エクスプレス12,926㌧(+9.9%) 、3位は郵船ロジスティクス11,513㌧(+19.8%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)5,028㌧ (+19.4%)、5位は阪急阪神エクスプレスは4,931㌧(+29.2%)だった。全社前年

郵船ロジ、チリで合弁会社を設立 Yusen Logistics establishes joint venture in Chile

郵船ロジスティクスはチリで現地バートナー企業と合弁会社Yusen Logistics Chile SpAを設立した。同社は 2016年からチリで物流サービスを提供しているが、合弁会社設立でさらなる物流事業拡大を目指す。チリは銅などの鉱山物のほか、農林水産物の輸出も盛ん。近年は輸出市場の拡大を目指して近隣諸国やアジア太平洋地域との関係強化や、積極的な通商政策を進めている。 Yusen Logisti

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.