国交省、台風等による異常気象時下における輸送の目安を定める Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism sets guideline


国土交通省は台風等の異常気象時下で、トラックによる貨物の運送を行う場合に輸送の安全を確保するための措置を講じる目安を通達として定めた。通達に定める内容は、輸送の目安等として、雨や風等の強さに応じた車両へ与える影響を示すとともに、輸送の安全を確保するための措置を講じる目安について。また、輸送を中止した場合の対応等について、運送事業者等が気象情報等から輸送を中止することとした場合には、直ちに荷主等へ報告する旨や、安全な輸送を行うことができない状況であるにもかかわらず、荷主に輸送を強要された場合には、国土交通省に設置する「意見募集窓口」等に通報することになる旨について定めている。

The Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism has established a guideline for taking measures to ensure the safety of transportation when transporting cargo by truck under abnormal weather such as typhoons. The contents specified in the Circular show the impact on vehicles according to the strength of rain and wind as a guide for transportation, etc., as well as guidelines for taking measures to ensure the safety of transport. In addition, if the transport company decides to stop transportation based on weather information, etc. in response to the suspension of transportation, it will immediately report to the shipper, etc. Despite this, it is stipulated that if a shipper is compelled to transport, a report will be sent to the Opinion Request Window established by the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism.


8回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

DSVパナルピナ、アジリティの商業貨物部門買収

DSVパナルピナは、中東系物流大手アジリティの一般商業貨物部門アジリティ・グローバル・インテグレーテッド・ロジスティクス(アジリティGIL)の買収を発表した。買収額は42億ドル。アジリティGILの業績を合わせたDSVパナルピナの事業規模は、売上高約220億ドル、従業員7万人以上に拡大し、売上高でDBシェンカーを抜き世界3位の3PL企業となる。フォワーディングの取扱量は航空貨物160万㌧以上、海上貨

ANAの貨物部門、売上過去最高

ANAホールディングス(NH/ANA)の2021年3月期の連結決算によると、貨物部門のANAカーゴが過去最高の1605億円(前期比+56.3%)を記録した。旅客便の運休・減便により国際線貨物輸送重量が65.5万㌧(-24.4%)に減少したものの、需給のひっ迫によって運賃が高騰したことによる。前期は、第1四半期にマスクなど緊急物資の輸送需要が増加し、8月以降は自動車関連部品や半導体、電子機器などの需