大韓航空、ブダペストに貨物便就航 Korean Air launches cargo service in Budapest


大韓航空(KAL/KE)は2月21日より、ハンガリーのブダペストに貨物便の就航を開始した。仁川→ブダペスト→フランクフルトのルートで週2便(金・土曜日)運航する。 ソウル、ブダペスト間で初の貨物直行便となる。ブダペスト空港は2020年1月に新たな貨物拠点「BUDカーゴ・シティ」を開設しており、年間取扱量を25万トンにまで拡大している。

Korean Air (KAL / KE) commenced cargo service to Budapest, Hungary on February 21. Operate twice a week (Friday and Saturday) on the route of Incheon → Budapest → Frankfurt. This is the first direct cargo flight between Seoul and Budapest. Budapest Airport opened a new cargo base, BUD Cargo City, in January 2020, and has expanded its annual handling capacity to 250,000 tons.


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

北米港湾の混雑継続、鉄道も貨物滞留

ONEは北米の西岸と東岸、内陸におけるコンテナ輸送の混雑状況について発表した。米国時間の1日時点で、西海岸ではロサンゼルス(ロングビーチ)で65隻、シアトル(タコマ)で12隻、バンクーバーで3隻が、東海岸ではジョージア州のサバンナで26隻のコンテナ船が待機中という。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的なEC利用拡大で、アジアから北米への海上輸送の玄関口である米国西海岸の港湾では、コンテナ取扱量

マースク、オランダのECサービス企業を買収

A.P.モラー・マースク(デンマーク)は、ECサービス事業を展開するB2Cヨーロッパ・ホールディングス(オランダ)の買収が完了した。B2Cヨーロッパ社は小包の集荷や仕分け、ラベリングなどのサービスを提供。ヨーロッパ35か国の100以上の運送業者と提携し、ラストワンマイル配送のネットワークを拡大している。オランダ、フランス、英国、スペインに加えて、中国にもオフィスを構える。強みを持つ海運事業に加えて

フェデックスが配送料金値上げ、コスト増反映

フェデックスコーポレーションは傘下のフェデックスエクスプレス、フェデックスグラウンド、フェデックスフレイトの3社が来年1月3日から配送料金を引き上げると発表した。フェデックスエクスプレスは米国国内、米国からの輸出・輸入サービスを対象に、平均5.9%値上げする。フェデックスグラウンドとフェデックスホームデリバリーの値上げ幅も5.9%となる見通し。フェデックスフレイトはサービスによって平均5.9%と7