マースク、コロナ拡大で業績悪化見通し Maersk forecasts worsening business due to corona expansion


APモラー・マースク(デンマーク)は、感染拡大が続く新型肺炎の影響で2020年の利益が19年に比べて減少する見通しだと発表した。中国の生産活動の停滞に伴い、中国からの50以上の便を休止した。マースクのスコウCEOは「中国の現在の生産活動は生産能力の50~60%しか動いていないと推定している」と指摘。同社の取扱量に占める中国関連の比率は3割弱と影響は大きい。

AP Moller Maersk (Denmark) has announced that its profits in 2020 are expected to be lower than in 2019 due to the effects of new types of pneumonia, which continues to spread. Due to the stagnation of Chinese production activities, more than 50 flights from China have been suspended. "We estimate that China's current production activity is moving only 50-60% of its production capacity," said Mask CEO Skow. The impact of the Chinese-related business on the company's volume is slightly less than 30%.


25回の閲覧

最新記事

すべて表示

マースク、オランダのECサービス企業を買収

A.P.モラー・マースク(デンマーク)は、ECサービス事業を展開するB2Cヨーロッパ・ホールディングス(オランダ)の買収が完了した。B2Cヨーロッパ社は小包の集荷や仕分け、ラベリングなどのサービスを提供。ヨーロッパ35か国の100以上の運送業者と提携し、ラストワンマイル配送のネットワークを拡大している。オランダ、フランス、英国、スペインに加えて、中国にもオフィスを構える。強みを持つ海運事業に加えて

フェデックスが配送料金値上げ、コスト増反映

フェデックスコーポレーションは傘下のフェデックスエクスプレス、フェデックスグラウンド、フェデックスフレイトの3社が来年1月3日から配送料金を引き上げると発表した。フェデックスエクスプレスは米国国内、米国からの輸出・輸入サービスを対象に、平均5.9%値上げする。フェデックスグラウンドとフェデックスホームデリバリーの値上げ幅も5.9%となる見通し。フェデックスフレイトはサービスによって平均5.9%と7

ONE、モバイルアプリに貨物追跡など2機能追加

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)は、5月に提供を開始したモバイルアプリに、新機能として「トラック&トレース」と「チャット」を追加した。トラック&トレースは移動中の貨物を追跡する機能で、書類の提出状況や出荷指示、VGM(総重量確定情報)なども確認できる。チャット機能は、ONEのカスタマーサービスにアクセスするためのもの。同社は「ONEと顧客の距離を縮める」としている。同社のアプリは、取引