全日空、中国向けに臨時貨物便  ANA is to operate special flights to China.


日本(ANA/NH)は2月23、24日に一部運休中の成田―上海の貨物便を臨時で運航する。貨物の輸送スペースが大幅に減る一方、中国で企業活動が徐々に再開しており、その輸送需要を取り込む考え。全日空は現在、中国本土への旅客便を6割、貨物便を7割減らしている。業界全体でも中国発着路線の相次ぐ運休・減便で輸送スペースが減っている。 日本着便での需要はまだ見込みづらいが、同社は日本発の貨物で十分な積載率と採算が確保できると判断した。運賃は上昇傾向とみられ、月も需要に応じて臨時便の運航を検討する考えだ。

ANA (NH) will temporarily operate a Narita-Shanghai freighter, which is partially suspended on February 23 and 24. While freight transportation space has been significantly reduced, business activities in China are gradually resuming, and it is expected to capture the demand for transportation. ANA is currently reducing passenger traffic to mainland China by 60% and freight by 70%. In the industry as a whole, transportation space is decreasing due to successive suspensions of flights to and from China. Demand for flights arriving in Japan is still difficult to anticipate, but the company has determined that cargo originating in Japan can secure sufficient loading rates and profitability. The fares are likely to be rising, and the company plans to consider extra flights in response to demand in the month.


9回の閲覧

最新記事

すべて表示

マースク、オランダのECサービス企業を買収

A.P.モラー・マースク(デンマーク)は、ECサービス事業を展開するB2Cヨーロッパ・ホールディングス(オランダ)の買収が完了した。B2Cヨーロッパ社は小包の集荷や仕分け、ラベリングなどのサービスを提供。ヨーロッパ35か国の100以上の運送業者と提携し、ラストワンマイル配送のネットワークを拡大している。オランダ、フランス、英国、スペインに加えて、中国にもオフィスを構える。強みを持つ海運事業に加えて

フェデックスが配送料金値上げ、コスト増反映

フェデックスコーポレーションは傘下のフェデックスエクスプレス、フェデックスグラウンド、フェデックスフレイトの3社が来年1月3日から配送料金を引き上げると発表した。フェデックスエクスプレスは米国国内、米国からの輸出・輸入サービスを対象に、平均5.9%値上げする。フェデックスグラウンドとフェデックスホームデリバリーの値上げ幅も5.9%となる見通し。フェデックスフレイトはサービスによって平均5.9%と7

ONE、モバイルアプリに貨物追跡など2機能追加

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)は、5月に提供を開始したモバイルアプリに、新機能として「トラック&トレース」と「チャット」を追加した。トラック&トレースは移動中の貨物を追跡する機能で、書類の提出状況や出荷指示、VGM(総重量確定情報)なども確認できる。チャット機能は、ONEのカスタマーサービスにアクセスするためのもの。同社は「ONEと顧客の距離を縮める」としている。同社のアプリは、取引