日通、BCP対応輸入貨物配達サービス開始 Nippon Express launches BCP compliant import cargo delivery service


日本通運は海上輸送と鉄道輸送を組み合わせたBCP対応用の輸入貨物配達ソリューション「NEX OCEAN SOLUTION BCP PACK EXPRESS」と「NEX OCEAN SOLUTION BCP PACK ADVANCE」の提供を開始した。NEX OCEAN SOLUTION BCP PACK EXPRESSは、中国華東地区から蘇州下関フェリーによる下関港までの海上輸送と、下関からの鉄道輸送を組み合わせた、東日本エリア向けを中心としたスピード重視のサービスで、海上輸送の半分程度のリードタイムで配送ができる。近年の大規模災害など、非常時の輸送対策に加え、東京オリンピック・パラリンピック開催期間の東京港港湾地区での運行回避が可能で、BCP対策にも利用できる。NEX OCEAN SOLUTION BCP PACK ADVANCEは、貨物量の増加で混雑する東京港への入港を避け、大阪港・博多港を利用し、荷揚港の倉庫で配送先ごとに仕分けを行った後、鉄道コンテナへ積み替えて指定先の店舗などまで配送するサービス。配送先物流施設での入庫・仕分け作業の軽減や、同施設を経由せずに店舗などへ直接配送することが可能になるという。

Nippon Express has started offering “NEX OCEAN SOLUTION BCP PACK EXPRESS” and “NEX OCEAN SOLUTION BCP PACK ADVANCE”, import cargo delivery solutions for BCP that combine marine transportation and rail transportation. NEX OCEAN SOLUTION BCP PACK EXPRESS is a speed-focused service that combines sea transportation from East China to the port of Shimonoseki by Suzhou Shimonoseki Ferry and Shimonoseki, and is half of sea transportation, mainly for the East Japan area. Delivery can be made in a short lead time. In addition to emergency transportation measures such as recent large-scale disasters, it is possible to avoid operation in the port area of Tokyo Port during the Tokyo Olympics and Paralympics, and it can also be used for BCP measures. NEX OCEAN SOLUTION BCP PACK ADVANCE avoids entering Port of Tokyo which is crowded due to increase of cargo volume, uses Osaka Port and Hakata Port, sorts by destination at warehouse of unloading port, then transships to railway container Service to deliver to designated stores. According to the company, it will be possible to reduce the storage and sorting work at the destination logistics facility, and to deliver goods directly to stores without going through the facility.


6回の閲覧

最新記事

すべて表示

DSVパナルピナ、アジリティの商業貨物部門買収

DSVパナルピナは、中東系物流大手アジリティの一般商業貨物部門アジリティ・グローバル・インテグレーテッド・ロジスティクス(アジリティGIL)の買収を発表した。買収額は42億ドル。アジリティGILの業績を合わせたDSVパナルピナの事業規模は、売上高約220億ドル、従業員7万人以上に拡大し、売上高でDBシェンカーを抜き世界3位の3PL企業となる。フォワーディングの取扱量は航空貨物160万㌧以上、海上貨

郵船ロジ、北米向け自動車関連で航空輸出過去最高

郵船ロジスティクスの3月の日本発国際航空貨物取扱量は17,219㌧と、統合による会社発足後過去最高を記録した。北米向けの自動車関連緊急輸送需要を取り込んだことによる。成田発で米国や欧州に毎週ベリーチャーターを継続しており、ボリュームを生かした購買力で安定的にスペースを確保、運賃マーケットが高い中でも競争力ある航空輸送商品を提供している。事業や地域を超えた部門間の連携で、過去最高の物量も円滑なオペレ

2021年3月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) 

2021年3月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で28,556㌧(前年同月比+83.9%)、2位は郵船ロジスティクスで17,219㌧(+103.0%) 、3位は近鉄エクスプレスで16,443㌧(+44.2%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で5,903㌧ (+48.3%) 、5位は 阪急阪神エクスプレスは5,888㌧(+59.9%)とな