Hacobu、物流資材の滞留や紛失を可視化する新サービスを4月から開始 Hacobu launches new service to visualize stagnation and loss of


Hacobuはカゴ車やパレットなどの物流資材の「滞留」と「紛失」を可視化する物流資材モニタリングサービス「MOVO Seek」を、4月から提供すると発表した。MOVO Seekでは、物流資材に専用端末を取り付け、端末からの位置情報をもとに物流資材の滞留や紛失の状況を可視化する。管理画面では、滞留が起こりやすいエリアの確認や、長期間拠点に戻っていない物流資材を把握することができ、軌跡をたどって紛失原因を推定することが可能。端末が故意に取り外された際は、アラートで通知する機能も付いている。読み取り専用端末やネットワーク構築への投資が不要なため、低い初期コストで導入が可能。物流資材ごとに読み取り作業を行う必要が無いため、現場作業への負担も少なくて済むという。

Hacobu announced that it will provide a logistics material monitoring service "MOVO Seek" from April, which will visualize the "stagnation" and "loss" of logistics materials such as carts and pallets. MOVO Seek attaches a dedicated terminal to the logistics material and visualizes the status of the logistics material stagnation or loss based on the location information from the terminal. On the management screen, it is possible to check areas where stagnation is likely to occur, and to identify logistics materials that have not returned to the base for a long period of time, and follow the trajectory to estimate the cause of the loss. There is also a function to notify you by alert when the terminal is intentionally removed. Since there is no need to invest in read-only terminals or network construction, introduction at low initial cost is possible. Since there is no need to read each logistics material, the burden on site work can be reduced.


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

財務省関税局、中長期ビジョン「スマート税関構想2020」発表 Smart Customs Concept 2020

財務省関税局・税関は、AI(人工知能)など先端技術を活用して業務の高度化・効率化を図る税関行政の中長期ビジョン「スマート税関構想2020」を発表した。貿易の健全な発展と安全な社会の実現に向けて施策に取り組み、「世界最先端の税関」を目指す。 The Ministry of Finance Customs Bureau and Customs have announced the "Smart Cus

エアアジア、航空貨物にブロックチェーンシステム導入 成約速度は10倍に AirAsia introduces blockchain system for air freight 10X faster

エアアジア・グループの物流部門「テレポート・コマース・マレーシア(以下、テレポート)」は、ブロックチェーン(BC)技術を活用した、世界初のデジタル航空貨物ネットワーク「フレイトチェーン」を運用開始した。荷主、フォワーダーはオンライン環境にあれば、BCで検証された航空貨物スペースの入札をリアルタイムに行い、数分で予約完了できる。時間のかかる書類やEメール、電話でのプロセスを同プラットフォーム上の作業

日立ソリューションズ、原産地証明書管理サービスを提供 Hitachi Solutions Provides Certificate of Origin Management Service

日立ソリューションズは、輸出入で自由貿易協定(FTA)を適用する際に必須となる物品の原産地証明を支援する「原産地証明書管理サービス」を3月18日からクラウド上で提供開始すると発表した。同サービスは、FTAを用いて輸出する物品が協定締約国内産であることを企業が自ら証明する「自己証明制度」の原産性判定手続きにおいて、専門家の知見を生かしたワークフローや、証明書類の一元管理により正当性を確立し、コンプラ

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.