コンテナ輸送、米中摩擦で10年ぶり前年割れ予測 Container transport likely to fall below the previous year for the first tim


アジアから米国へ貨物を運ぶコンテナ船の2019年の輸送量が10年ぶりに前年を下回ったもようだ。米中貿易摩擦の影響で、全体の6割を占める中国発の輸送が減少。ただ、米国の消費が好調で代替ルートとしての東南アジアからの輸出が増えて減少幅は抑えられたという。米国は2019年12月の中国との部分合意を踏まえ、2月中にも対中制裁関税率を引き下げる見通し。さえない値動きだった中国発米国向けの運賃には追い風となりそうだ。

It seems that the volume of container ships carrying cargo from Asia to the United States in 2019 fell below the previous year for the first time in 10 years. Traffic from China, which accounts for 60% of the total, decreased due to the effects of US-China trade friction. However, US consumption was strong and exports from Southeast Asia as an alternative route increased, limiting the decline. The U.S. is expected to reduce its sanctions tariff on China by February, following a partial agreement with China in December 2019. China's fare from the United States, which had been declining, is likely to be a tailwind.


4回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。