マースク、茨城に積み替え拠点設立で効率化 Maersk improves efficiency by establishing transshipment base in Ibaraki


マースク(デンマーク)が日本国内での物流効率化を進めている。2019年11月、同社初の内陸のコンテナ積み替え拠点 「坂東ICD(インランド・コンテナ・デポ」 を茨城県に開設した。これにより、輸送を効率化しコストは最大で半減する。 今年の東京五輪を控え、主要港湾の混雑を見据えて内陸の物流体制を再構築する。

Maersk (Denmark) is promoting logistics efficiency in Japan. In November 2019, the company opened its first inland container transshipment base, Bando ICD (Inland Container Depot) in Ibaraki Prefecture, which will streamline transportation and cut costs by up to 50%. And rebuild the inland logistics system in anticipation of congestion at major ports.


7回の閲覧

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.