2020年度貨物輸送の見通し、航空輸出、外国貿易コンテナいずれもプラス見通し Outlook for 2020 cargo transport, positive forecasts for air


日通総合研究所が「2019・20年度の経済と貨物輸送の見通し」を発表した。世界経済の減速感が一服し、 2020年度の日本発航空輸出重量は前期比0.6%増、外国貿易コンテナは前期比べ1.0%増とプラスに転じるが小幅増加の見通し。品目別では、海外の設備投資需要が盛り返す見込みだという。また、 海外におけるAI・IoT・5G関連の需要拡大により半導体関連貨物(電子部品・製造装置)については、荷動き本格化を予測する。

Nittsu Research Institute and Consulting has announced the "Economic and Cargo Transportation Outlook for FY2019-20". With the sense of a slowdown in the global economy, exports from Japan to Japan will increase by 0.6% in FY2020 and foreign trade containers will increase by 1.0% compared to the previous year. By item, overseas demand for capital investment is expected to recover. In addition, growing demand for AI, IoT, and 5G-related products overseas, we expect full-scale cargo movement for semiconductor-related cargo (electronic components and manufacturing equipment).


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。