マースク、アグリビジネス大手シンジェンタと4PL契約を締結 Maersk and Syngenta extend partnership to 4PL


コンテナ船世界最大手マースクは、農薬・種子販売などを手掛けるアグリビジネス大手シンジェンタ(スイス)とのパートナーシップを拡大し、4PL契約を締結したと発表した。4PLは物流部門を第三者企業に委託する3PLにコンサルティング要素が加わったもの。 シンジェンタではサプライチェーンを効率化し、環境負荷を軽減しながら生産性を向上するのが狙いとする。マースクは4PLプロバイダーとして、人的リソースやインフラ、他のロジスティクスプロバイダーを管理し、シンジェンタに最適化されたサプライチェーン提供を行うという。

Maersk and Syngenta, an agrochemical company based in Switzerland, extended their partnership by signing a new contract for fourth-party logistics (4PL) concept. A 4PL logistics provider takes third-party logistics further by managing resources, technology, infrastructure and other logistics providers serving the client to design, build and provide customised supply chain solutions. The concept is part of Maersk’s Logistics & Services product offering and a key element of the strategy aimed at expanding its footprint in supply chain management solutions.


56回の閲覧

最新記事

すべて表示

マースク、オランダのECサービス企業を買収

A.P.モラー・マースク(デンマーク)は、ECサービス事業を展開するB2Cヨーロッパ・ホールディングス(オランダ)の買収が完了した。B2Cヨーロッパ社は小包の集荷や仕分け、ラベリングなどのサービスを提供。ヨーロッパ35か国の100以上の運送業者と提携し、ラストワンマイル配送のネットワークを拡大している。オランダ、フランス、英国、スペインに加えて、中国にもオフィスを構える。強みを持つ海運事業に加えて

フェデックスが配送料金値上げ、コスト増反映

フェデックスコーポレーションは傘下のフェデックスエクスプレス、フェデックスグラウンド、フェデックスフレイトの3社が来年1月3日から配送料金を引き上げると発表した。フェデックスエクスプレスは米国国内、米国からの輸出・輸入サービスを対象に、平均5.9%値上げする。フェデックスグラウンドとフェデックスホームデリバリーの値上げ幅も5.9%となる見通し。フェデックスフレイトはサービスによって平均5.9%と7

ONE、モバイルアプリに貨物追跡など2機能追加

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)は、5月に提供を開始したモバイルアプリに、新機能として「トラック&トレース」と「チャット」を追加した。トラック&トレースは移動中の貨物を追跡する機能で、書類の提出状況や出荷指示、VGM(総重量確定情報)なども確認できる。チャット機能は、ONEのカスタマーサービスにアクセスするためのもの。同社は「ONEと顧客の距離を縮める」としている。同社のアプリは、取引