全日空、2020年3月1日に羽田上屋増床 All Nippon Airways, Haneda shed increased on March 1, 2020


全日本空輸(NH/ANA)は 2020年3月29日の夏季スケジュール開始日までに、羽田空港で国際航空貨物の取り扱い体制を拡充する。同社は同季から、羽田で国際線の運航を大幅増便する予定。 羽田発着の国際貨物の物量増に備え、3月1日から、国際線貨物地区に構える自営貨物上屋の面積を約4割増の1万2000平方メートルに拡大する。さらに、これまで国内線専用だった第2旅客ターミナルで国際線が発着するようになることから、同ターミナル至近に貨物を一時蔵置できる中継拠点を新設。同ターミナルを発着する三国間貨物を迅速に機移しできる体制も整える。

All Nippon Airways (NH / ANA) will expand its international air cargo handling system at Haneda Airport by the start of the summer schedule on March 29, 2020. From the same season, the company plans to significantly increase international flights in Haneda. In preparation for an increase in the volume of international cargo from and to Haneda, the area of the private cargo shed in the international cargo area will be expanded by 40% to 12,000 square meters from March 1. In addition, since international flights will arrive and depart at the second passenger terminal, which has been exclusively used for domestic flights, a new relay station for temporary storage of cargo will be established near the terminal. A system will be in place to quickly transfer the cargo between the three countries that arrive and depart the terminal.


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

ANAの貨物部門、売上過去最高

ANAホールディングス(NH/ANA)の2021年3月期の連結決算によると、貨物部門のANAカーゴが過去最高の1605億円(前期比+56.3%)を記録した。旅客便の運休・減便により国際線貨物輸送重量が65.5万㌧(-24.4%)に減少したものの、需給のひっ迫によって運賃が高騰したことによる。前期は、第1四半期にマスクなど緊急物資の輸送需要が増加し、8月以降は自動車関連部品や半導体、電子機器などの需

米国航空3社の2021年1~3月期貨物事業収入8割増

デルタ航空(DL/DAL)、アメリカン航空グループ(AA/AAL)、ユナイテッド航空ホールディングス(UA/UAL)の米国大手航空3社の2021年1~3月期の貨物事業収入は10億2700万ドル(前年同期比+82.4% )と大幅に増加した。前年同期はすでに新型コロナ禍による旅客便運休・減便による供給スペース減も発生していた。2020年春以降に医療関連物資などの緊急輸送需要もあったほか、旅客機貨物便が

MSC、アジアーヨーロッパでシー&レール開始

MSCはアジアと欧州を結ぶ新たな海上・鉄道複合輸送サービスを開始した。日本・中国・韓国などからの貨物を、欧州各地へインターモーダル輸送するサービスは、すでにAPモラー・マースクなどが提供している。ロシアでの陸上輸送については、APモラー・マースクがすでに実施している「AE19」と同様に、鉄道で極東のボストチヌイなどから西部のサンクトペテルブルクまでを結ぶ。サンクトペテルブルクからはフィーダー船によ