成田空港、2020年3月期国際航空貨物量予測を下方修正 Narita Airport revised downward forecast of international air cargo volu


成田国際空港会社(NAA)は田村明比古社長が会見し、2020年3月期の業績予想などを説明した。通期の国際航空貨物量は期初に前期並みの213万トンを見込んでいたが、今回の予想では195万トンに下方修正。貿易摩擦の影響避けられないという。

Narita International Airport Company (NAA) met with President Himura Tamura to explain the forecasts for the fiscal year ending March 2020. Full-year international air cargo volume was expected to be 2.13 million tons at the beginning of the fiscal year, but this forecast was revised downward to 1.95 million tons. The effect of trade friction is inevitable.


9回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年度下期複合輸送、輸出入合計7%増と急回復

国際フレイトフォワーダーズ協会(JIFFA)によると2020年度下期の国際複合輸送実績は、輸出が99万6446TEU(前年同期比+2.2%)、輸入が157万9122TEU(+10.2%)、輸出入合計が257万5568TEU(+7.0%)だった。レベニュートンベースでは、輸出が2456万5000㌧(+ 9.1%)で2018年度上期の水準まで回復し、輸入も3595万1000㌧(+ 5.2%)と、輸出入

日本発航空輸出混載貨物実績(4月)

4月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万481㌧(前年同月比+104.0%)、件数が25万3455件(+40.8%)だった。 重量は5カ月連続の増加。