日本発航空輸出混載貨物実績(9月) Air cargo exporting from Japan results (September)


9月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が7万6347㌧(前年同月比-23.9%)、件数が23万182件(-10.3%)だった。TC1、2、3の全方面が前年2~3割減。前年9月は関西国際空港で打撃を与えた台風の影響があり、連続2桁増から減少へと転じた月だった。この反動もなく、 重量は10カ月連続の前年割れで、重量の2桁減は8ヶ月連続となった。

In September, the actual volume of cargo exported from Japan was 76,347kg (-23.9%), and the number was 230,182 (-10.3%). All areas of TC1, 2, 3 decreased by 20-30% in the previous year. September last year was the month when the typhoon hit the Kansai International Airport and started to decrease from a double-digit increase. Without this reaction, the weight fell for the 10th consecutive month and the double-digit decrease in weight was the 8th straight month.


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。