成田空港、台風影響で運用を2時間延長 Narita Airport, extended operation by 2 hours due to typhoon


10月13日、成田国際空港(NAA)は空港の運用時間を2時間延長した。 台風19号に備え、10月12日から13日朝にかけ着陸制限を行った影響で、成田空港では国際便の到着が大幅に遅延していため。10月12、13日 は全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL)の大手2社だけで、国内線と国際線合わせて2000便以上欠航。貨物便に対しては着陸制限を行っていなかったが、混乱は続く見通し。

On October 13, Narita International Airport (NAA) extended the airport's operating hours by 2 hours. In preparation for Typhoon No. 19, the arrival of international flights was significantly delayed at Narita Airport due to landing restrictions from the morning of October 12 to 13. On October 12th and 13th, more than 2,000 flights were canceled for domestic and international flights by only two major companies, All Nippon Airways (ANA / NH) and Japan Airlines (JAL / JL). Landing restrictions on cargo flights were not provided, but confusion is expected to continue.


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

フェデックス、ハノイ空港で危険物クラス9の取扱を開始 FedEx starts handling dangerous goods class 9 at Hanoi Airport

フェデックスエクスプレス(FDX/FX)は、ベトナム・ハノイ空港を発着する危険物クラス9の取り扱いを開始する。危険物クラス9には、リチウム電池や磁性物質のほか、航空機制の固体・液体などが含まれる。 FedEx Express (FDX/FX) will start handling dangerous goods class 9 departing and arriving at Hanoi Ai

成田空港の航空貨物積込量(7月)、回復傾向 Narita Airport air cargo loading (July) is on a recovery trend

東京税関によると、7月の成田空港の国際航空貨物取扱量は、積込量が6万5181㌧(前年同月比-19.8%)、取卸量が8万8500㌧(-4.2%)で、総取扱量は15万3681㌧(-11.5%)だった。新型コロナウイルスの影響で、積込量は5か月連続減少、取卸量は4か月連続減少したが、積込量は2か月連続で前月実績を上回り、前年同月実績と比べたマイナス幅も縮小傾向にある。 According to Toky

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.