成田空港国際貨物取扱量、積込が近年最低水準 Narita Airport international cargo handling volume, loading has been the lowes


東京税関によると、9月の成田空港の国際貨物総取扱量(速報値)は17万5,221㌧(前年同月比-8.3%)と、2ヶ月連続で減少した。輸入と仮陸揚げ量を含む取卸量は9万4,421㌧(前年同月比+1.4%)と4ヶ月連続で増加しているが、輸出と仮陸揚げ量を含む積込量は8万0,800㌧(前年同月比-17.4%)と11ヶ月連続で減少している。この取扱量は近年では最低水準となる2015年並み。

According to Tokyo Customs, the total international cargo handling volume (preliminary value) at Narita Airport in September decreased to 175,221kg (-8.3% from the same month of the previous year) for the second consecutive month. The import volume, including imports and temporary landings, increased by 94,421 kg (+ 1.4% year-on-year) for the fourth consecutive month. -17.4% compared to the same month of the previous year), decreasing for 11 consecutive months. This volume is the same as in 2015, the lowest level in recent years.


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。