成田地域の停電解消進むも全面復旧には至らず  Although the power failure in the Narita area has progressed, it has not been


台風15号の影響で、成田空港周辺のフォワーダー施設でも停電が発生していたが、復旧が進んでいる。9月17日から18日午前までに、停電が長引いていた芝山町の主要フォワーダー施設の多くに電力供給がなされ、本格的にオペレーションを再開させている。しかし、同じ町内でも停電が続いている施設もあり、成田空港周辺の全面復旧には至っていないという。

Due to the impact of Typhoon No. 15, there was a power outage at the forwarder facilities around Narita Airport, but recovery is progressing. From September 17 to 18 in the morning, power was supplied to many of the major forwarder facilities in Shibayama, where power outages were prolonged, and operations were resumed in earnest. However, there are facilities in the same town where power outages continue, and the entire area around Narita Airport has not been fully restored.


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

ANAの貨物部門、売上過去最高

ANAホールディングス(NH/ANA)の2021年3月期の連結決算によると、貨物部門のANAカーゴが過去最高の1605億円(前期比+56.3%)を記録した。旅客便の運休・減便により国際線貨物輸送重量が65.5万㌧(-24.4%)に減少したものの、需給のひっ迫によって運賃が高騰したことによる。前期は、第1四半期にマスクなど緊急物資の輸送需要が増加し、8月以降は自動車関連部品や半導体、電子機器などの需

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。

郵船ロジ、北米向け自動車関連で航空輸出過去最高

郵船ロジスティクスの3月の日本発国際航空貨物取扱量は17,219㌧と、統合による会社発足後過去最高を記録した。北米向けの自動車関連緊急輸送需要を取り込んだことによる。成田発で米国や欧州に毎週ベリーチャーターを継続しており、ボリュームを生かした購買力で安定的にスペースを確保、運賃マーケットが高い中でも競争力ある航空輸送商品を提供している。事業や地域を超えた部門間の連携で、過去最高の物量も円滑なオペレ