キャセイ・パシフィック、冬季の輸送能力削減を発表 Cathay Pacific announces winter transport capacity reduction


キャセイ・パシフィック航空(CPA/CX)は 冬シーズンの輸送能力を削減すると発表した。「逃亡犯条例」改正案を巡る抗議デモの激化で香港への航空需要が大きく落ち込んでいることを受けたことによる。香港では中国本土への容疑者の引き渡しを可能とする同改正案をきっかけに抗議デモが激化。こうした中、キャセイ航空の旅客数は8月は11.3%減少。香港当局によると、香港を訪れた人は8月は約40%減と、7月の5%減から大きく悪化した。逃亡犯条例改正案の撤回を求める抗議活動に多数の職員が参加し、中国の航空当局は同社に対して安全上の脅威があると警告。複数の幹部の辞任などもあり、デモによって大きな影響を受けている。

Cathay Pacific (CPA / CX) announced that it will reduce transport capacity in the winter season. This is due to the fact that the demand for aviation to Hong Kong has fallen sharply due to the intensification of protests over the amendment to the "Fugitive Ordinance". In Hong Kong, protests intensified following the revised bill that allowed suspects to be handed over to mainland China. Under these circumstances, the number of passengers on Cathay Airlines declined 11.3% in August. According to Hong Kong authorities, visitors to Hong Kong fell about 40% in August, a significant deterioration from the 5% drop in July. Numerous staff members participated in protests calling for withdrawal of the amendment to the escape code, and Chinese aviation authorities warned the company that there was a security threat. There are also several executive resignations, which are greatly influenced by the demonstration.


6回の閲覧

最新記事

すべて表示

アジア向け航空運賃、半導体と春節で2倍に Airfares to Asia doubled due to semiconductors and Chinese New Year

中華圏の春節(旧正月)を控え、日本発アジア向けの航空貨物スポット運賃が高騰している。東アジア向けでは半導体関連など輸出需要が好調の中、春節前の駆け込み需要もあり、年明け以降、例年の2倍以上に急騰。春節以降も活況な荷動きが続き、スポット運賃は高止まりが続く見込み。 Air freight spot fares from Japan to Asia are skyrocketing ahead of

日通総研、2021年度の外貿コンテナ・航空輸出はプラス成長を予測 Positive growth in foreign trade container and air exports in 2021

日通総合研究所の「2020・21年度の経済と貨物輸送の見通し」によると、2021年度日本発外貿コンテナ輸出量は468万TEU(前年度比+6.5%)、航空輸出重量は103万㌧(+12.8%)といずれもプラス成長となる見通しだ。航空輸出はコロナ前と同程度の水準に戻ると予想されている。 According to the Nittsu Research Institute's "Economic and

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.