台風15号、港湾で被害 Typhoon No. 15, damaged at the port


関東を襲った強い台風15号の影響で、港湾において複数被害が出ている。 神奈川県横須賀港では貨物船と実習船との衝突や、千葉県市原港では大型貨物船の漂流などといった情報が報告されている。いずれも人的被害はないという。航空便においても羽田・成田空港で9月8日の夕方以降から9日の昼頃にかけて欠航が相次いだ。

Due to the strong typhoon No. 15 that hit the Kanto area, multiple damages occurred at the port. Information such as a collision between a cargo ship and a training ship at Yokosuka Port in Kanagawa Prefecture and a drift of a large cargo ship at Ichihara Port in Chiba Prefecture are reported. There is no human damage. In terms of airline flights, flights were canceled from Haneda / Narita Airport from the evening of September 8 to about noon on the 9th.


4回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

DSVパナルピナ、アジリティの商業貨物部門買収

DSVパナルピナは、中東系物流大手アジリティの一般商業貨物部門アジリティ・グローバル・インテグレーテッド・ロジスティクス(アジリティGIL)の買収を発表した。買収額は42億ドル。アジリティGILの業績を合わせたDSVパナルピナの事業規模は、売上高約220億ドル、従業員7万人以上に拡大し、売上高でDBシェンカーを抜き世界3位の3PL企業となる。フォワーディングの取扱量は航空貨物160万㌧以上、海上貨

ANAの貨物部門、売上過去最高

ANAホールディングス(NH/ANA)の2021年3月期の連結決算によると、貨物部門のANAカーゴが過去最高の1605億円(前期比+56.3%)を記録した。旅客便の運休・減便により国際線貨物輸送重量が65.5万㌧(-24.4%)に減少したものの、需給のひっ迫によって運賃が高騰したことによる。前期は、第1四半期にマスクなど緊急物資の輸送需要が増加し、8月以降は自動車関連部品や半導体、電子機器などの需