HAKOVO、中国発インドネシア向の到着前輸入申告を可能に HAKOVO enables import declaration from China to Indonesia before arriv


シンガポールの港湾運営会社、PSAから支援を受けるベンチャー企業HAKOVOは独自のデジタル通関ソリューション「SMART CLEAR」によってインドネシアで輸入通関のデジタル化に取り組んでいる。同サービスをインドネシア税関システムと接続し、中国発貨物の輸入通関電子化を実現した。中国税関での輸出許可後、翌営業日にはインドネシア側で輸入通関データを電子申告できる。同国では港湾の貨物滞留が社会問題となっており、税関業務の効率化を図る。HAKOVOは同サービスを通じて将来的にアセアンにおける輸入通関電子化を目指し事業展開を進めるという。

HAKOVO, a venture company that receives support from PSA, a port operator in Singapore, is working to digitize import customs clearance in Indonesia using its own digital customs clearance solution “SMART CLEAR”. The service was connected to the Indonesian customs system to realize electronic customs clearance for cargo originating in China. Import clearance data can be electronically filed on the Indonesian side on the next business day after export permission from China Customs. In the country, cargo retention in ports has become a social problem, and the efficiency of customs operations will be improved. HAKOVO said that it will promote business development in the future with the aim of digitizing import customs clearance in ASEAN through this service.


18回の閲覧

最新記事

すべて表示

財務省関税局でも進むデジタル化 Digitalization at the Ministry of Finance Customs Bureau abolishes

財務省関税局はこのほど、一部の例外を除き、税関が提出を求める書類への押印や署名を廃止すると発表した。12月23日から入港届の押印などを不要とし、その他の書類についても1月1日から廃止した。昨今の政府方針を踏まえ、税関においても、行政のデジタル化、新たな働き方の支援といった観点によるもの。 The Customs Department of the Ministry of Finance has r

ブロックチェーンの共同実証実験 Hitachi/Mizuho demonstrate early funding of transportation prices on Blockchain

日立製作所、みずほフィナンシャルグループ 、みずほ銀行、みずほ情報総研、BlueLab の5社は、ブロックチェーン技術による金流・商流・物流を一体管理する手法で輸配送代金の早期資金化につなげる共同実証実験を月内に開始する。実証実験には関東圏の物流企業の営業所、運送会社が参加し、「発注、納品、支払に関わるやり取り」に対してPCやスマートフォン上の実証用システムを使い、業務フローイメージを具体化。使い

国際航空貨物協会、航空貨物スペース需給把握の精度向上を図る Improve the accuracy of supply and demand of air cargo space

国際航空貨物協会(TIACA)は、航空貨物の業務アプリケーションを提供するCLIVEデータ・サービシーズが提唱する「ダイナミック・ロードファクター(動的LF)」を普及させていくと発表した。両者で協力し、航空貨物業界へ動的LFの採用を呼び掛けていく。従来からの、重量をベースに算出されてきた航空貨物LF(重量LF)に、ボリューム(容積)の要素を加えた、動的LFを業界指標として採用する。これにより貨物輸