HAKOVO、中国発インドネシア向の到着前輸入申告を可能に HAKOVO enables import declaration from China to Indonesia before arriv


シンガポールの港湾運営会社、PSAから支援を受けるベンチャー企業HAKOVOは独自のデジタル通関ソリューション「SMART CLEAR」によってインドネシアで輸入通関のデジタル化に取り組んでいる。同サービスをインドネシア税関システムと接続し、中国発貨物の輸入通関電子化を実現した。中国税関での輸出許可後、翌営業日にはインドネシア側で輸入通関データを電子申告できる。同国では港湾の貨物滞留が社会問題となっており、税関業務の効率化を図る。HAKOVOは同サービスを通じて将来的にアセアンにおける輸入通関電子化を目指し事業展開を進めるという。

HAKOVO, a venture company that receives support from PSA, a port operator in Singapore, is working to digitize import customs clearance in Indonesia using its own digital customs clearance solution “SMART CLEAR”. The service was connected to the Indonesian customs system to realize electronic customs clearance for cargo originating in China. Import clearance data can be electronically filed on the Indonesian side on the next business day after export permission from China Customs. In the country, cargo retention in ports has become a social problem, and the efficiency of customs operations will be improved. HAKOVO said that it will promote business development in the future with the aim of digitizing import customs clearance in ASEAN through this service.


19回の閲覧

最新記事

すべて表示

ONE、モバイルアプリに貨物追跡など2機能追加

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)は、5月に提供を開始したモバイルアプリに、新機能として「トラック&トレース」と「チャット」を追加した。トラック&トレースは移動中の貨物を追跡する機能で、書類の提出状況や出荷指示、VGM(総重量確定情報)なども確認できる。チャット機能は、ONEのカスタマーサービスにアクセスするためのもの。同社は「ONEと顧客の距離を縮める」としている。同社のアプリは、取引

ブロックチェーン貿易プラットフォームトレードレンズ、中国でも拡大

マースクとIBMがブロックチェーン技術を用いて共同開発した海運業界向けプラットフォーム「TradeLens」(トレードレンズ) を中国でも提供を開始した。 マースクが5月に中国のチャイナ・ユニコム・デジタル・テックとパートナーシップ契約を締結したことで実現。すでに10社以上の中国企業が参加している。具体的な社名については明らかにされていないものの、「業界をリードする中国企業や、2つの港湾グループ、

郵船ロジスティクス、LCL・航空貨物でデジタルFWDサービス開始

郵船ロジスティクスは、オンラインで見積もりからブッキング、保険手配、トラッキングまで可能なデジタルフォワーディング(FWD)サービス「Yusen Vantage Focus Quote and Book」を開始する。従来のトラッキング機能にウェブ上での見積もり・ブッキング機能を追加し、LCL(海上混載)と航空貨物を対象として、香港、シンガポール、ベトナム発輸出と、同3カ国・地域と中国、米国、日本着