日本発航空輸出、減少続くも上昇気配なし  Airline exports from Japan continue to decline but no upward signs


航空貨物運送協会(JAFA)によると、6月の日本発航空輸出混載貨物実績は7万7752㌧(前年同期比29.4%)だった。2桁の減少は5か月連続。主力である自動車、工作機械、半導体関連が厳しく、上昇する気配がみられないという。仕向け地別だとTC1(北米、南米)、3(アジア、オセアニア)が3割弱、TC2(ヨーロッパ、アフリカ)が3.5割ほど大幅に減少している。また、6月実績の大手フォワーダー5社(日本通運、近鉄エクスプレス、郵船ロジスティクス、西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)が全体の重量に占めるシェアは60.0%と前月より1.5%上昇。

According to the Japan Air Freight Forwarding Association (JAFA), the combined export volume of air exports from Japan in June was 77,775 tons (29.4% year-on-year). The double-digit decrease is for 5 consecutive months. The mainstay automobiles, machine tools, and semiconductors are severe, and there is no sign of rising. By destination, TC1 (North and South America) and 3 (Asia, Oceania) have fallen by nearly 30%, and TC2 (Europe and Africa) has declined by about 3.5%. In addition, the five major forwarders (Nippon Express, Kintetsu Express, Yusen Logistics, and NNR Global Logistics) accounted for 60.0% of the total weight, up 1.5% from the previous month.


6回の閲覧

最新記事

すべて表示

アジア向け航空運賃、半導体と春節で2倍に Airfares to Asia doubled due to semiconductors and Chinese New Year

中華圏の春節(旧正月)を控え、日本発アジア向けの航空貨物スポット運賃が高騰している。東アジア向けでは半導体関連など輸出需要が好調の中、春節前の駆け込み需要もあり、年明け以降、例年の2倍以上に急騰。春節以降も活況な荷動きが続き、スポット運賃は高止まりが続く見込み。 Air freight spot fares from Japan to Asia are skyrocketing ahead of

日通総研、2021年度の外貿コンテナ・航空輸出はプラス成長を予測 Positive growth in foreign trade container and air exports in 2021

日通総合研究所の「2020・21年度の経済と貨物輸送の見通し」によると、2021年度日本発外貿コンテナ輸出量は468万TEU(前年度比+6.5%)、航空輸出重量は103万㌧(+12.8%)といずれもプラス成長となる見通しだ。航空輸出はコロナ前と同程度の水準に戻ると予想されている。 According to the Nittsu Research Institute's "Economic and

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.