香港空港、デモで2日連続旅客便大規模欠航 Hong Kong Airport faces 2nd day of disruption


香港国際空港のデモ隊による旅客ターミナル占拠が行われた。これにより香港空港は機能不全に陥り、2日連続で旅客便が大規模に欠航した。一方、貨物便は通常通りの運航。8月14日朝からは多くが運航再開した。しかし、デモの計画が読めず、再度の全面運航停止の可能性もあるとされる。

Hong Kong International Airport demonstrators occupied the passenger terminal. This caused Hong Kong Airport to malfunction, and passenger flights were canceled on a large scale for two consecutive days. On the other hand, cargo flights operate as usual. Many operations resumed from the morning of August 14th. However, the demonstration plan cannot be read, and there is a possibility that the full operation will be suspended again.


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

日通、中国・蘇州―ベトナム・ハノイで鉄道輸送サービス開始 Nittsu Launches Rail Transport Service between Suzhou and Hanoi

日本通運東アジアブロックが、中国・蘇州(江蘇省)発ベトナム・ハノイ向けクロスボーダー鉄道輸送サービスを開始した。中国華東地区とベトナム北部のいずれも電子機器・部品関連を中心とする製造業集積地を結び、リードタイムは8~10日。中国発アセアン向け海上輸送もスペースと空コンテナが不足し、運賃が高止まりする。代替輸送需要を見込み、BCP(事業継続計画)に対応する新サービスを開発したという。 Nippon

1月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) Forwarder Ranking in January (International Air Cargo Handling Volume)

1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で22,572㌧(前年同月比+50.0%)、2位は近鉄エクスプレス12,726㌧(+25.4%) 、3位は郵船ロジスティクス11,908㌧(+46.0%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)5,103㌧ (+42.3%)、5位は阪急阪神エクスプレスは4,961㌧(+49.5%)だった。前月に続き、全社前

日本発航空輸出混載貨物実績(1月) Air cargo exporting from Japan results (January)

1月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が 8万7558 3㌧(前年同月比+34.0%)、件数が21万9375件(+15.0%)だった。 重量は2カ月連続の増加。中国を中心にアジア向けが大幅増加した。品目別では自動車関連が好調。海上輸送が混乱しており、航空便が代替したことも実績を押し上げた。 Air freight consolidation shipments from Japan in Jan

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.