アジア-北米東岸航路で臨時便増加  Extra operation increase on Asia-North America East Coast route


7月以降、アジア-北米東岸航路ではマースクやMSC、COSCOなどによる臨時便が増加している。パナマ運河の喫水制限により通峡するコンテナ船が積載制限を受けているため、スペースが逼迫していることが要因。 喫水制限は渇水による湖などの水位が低下しているためという。 また、オーシャンアライアンスによる欠便も、スペース混雑に拍車を掛ける。 欠便は荷動き低迷による需給調整ではなく、ドライドックに伴う船腹不足が理由とみられている。

Since July, temporary oprstion by Marsq, MSC and COSCO have increased on the Asia-North East Coast route. This is because space is tight because container vessels passing the canyon are restricted due to the draft restriction of the Panama Canal. It is said that the draft limit is because the water level of the lake etc. is falling due to drought. In addition, the absence of flights by Ocean Alliance also spurs space congestion. The absence of operation is not due to supply and demand adjustment due to sluggish cargo movement, but is considered to be due to the shortage of vessels associated with dry docks.


10回の閲覧

最新記事

すべて表示

フェデックス、ハノイ空港で危険物クラス9の取扱を開始 FedEx starts handling dangerous goods class 9 at Hanoi Airport

フェデックスエクスプレス(FDX/FX)は、ベトナム・ハノイ空港を発着する危険物クラス9の取り扱いを開始する。危険物クラス9には、リチウム電池や磁性物質のほか、航空機制の固体・液体などが含まれる。 FedEx Express (FDX/FX) will start handling dangerous goods class 9 departing and arriving at Hanoi Ai

マースク、ダムコの航空・LCL事業吸収 Maersk merges Damco's aviation and LCL business

マースクは世界規模で組織改編を行い、ダムコの航空フォワーディングおよび海上LCLサービスをマースクと統合させる。LCLは1つのコンテナに複数の荷主の貨物を混載する輸送形態。現在のサプライチェーンにおける輸送ニーズを満たすには、さまざまな輸送モードの活用が不可欠とし、海上輸送を担うマースクがダムコを吸収する形でこのニーズに応える。マースクは世界2割のシェアを持つコンテナ船オペレーターとしてだけでなく

輸出用空コンテナ在庫、不足の可能性 Possibility of shortage of empty container for export

日本国内で輸出用空コンテナが不足する兆しが見えてきた。中国における急速な輸出需要の回復で、現地では空コンテナの需給逼迫感が強まっている。船社は空コンテナ確保のため、日本から中国をはじめ、アジアへの空コン回送を急いでおり、その余波で日本でもタイト感が強まってきた。船会社ごとに日本発着で主力とするトレードが変わり、コンテナ運用の方針も異なるため、まだ全体的な動きにはなっていないが、中国発米国向けの活況

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.