日本の貿易成長、6~8月にかけ停滞見通し Japan's trade growth, outlook for stagnation from June to August


DHLグローバル・トレード・バロメーター(GTB)の報告書をもとにした貿易成長動向の見通しを発表した。 GTBは、人工知能、ビッグデータを駆使することにより算定される国際貿易成長に対する早期指標で、2018年1月から年4回発行されている。 日本の貿易は6~8月にかけて成長率の低下傾向が加速し、総合指数は50ポイント(-7ポイント)を記録するとしている。 国際貿易情勢の不安定と不確実性が継続していることに加え、米中対立の関税措置にも間接的に晒され、 航空・海上輸送量は、ともにほぼゼロ成長に減速する見通しだという。 GTBの調査対象となった全ての国のうち、米中両国の貿易見通しは米国が-11ポイント、中国が-7ポイントと最大の下げ幅を記録した。

The outlook for the trade growth trend based on the report of DHL Global Trade Barometer (GTB) was announced. GTB is an early indicator for international trade growth calculated by using artificial intelligence and big data, and is issued four times a year from January 2018. Japan's trade will accelerate at a slower pace of growth from June to August, and the Composite Index will score 50 points (-7 points). In addition to the continuing instability and uncertainty of the international trade situation, it is also indirectly exposed to the US-China confrontational measures, and both air and marine transport volumes are expected to slow to nearly zero growth. . Of all the countries surveyed by the GTB, the US and China's trade prospects showed the largest drop of -11 points for the United States and -7 points for China.


13回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 40

欧州(前週比+2.7%)、北米東岸経由(+7.0%)、韓国(+0.2%)で増加。北米西岸経由(-3.7%)は減少。 Europe (+2.7%), North America via East Coast (+7.0%), and South Korea (+0.2%) increased. Traffic via the west coast of North America (-3.7%)

日本発航空輸出混載貨物実績(21年8月)

8月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が8万9012㌧(前年同月比+59.1%)、件数が21万1487件(+21.9%)だった。重量は9カ月連続の前年超え。 Airfreight consolidation shipments from Japan in August totaled 89,012 tons (up 59.1% y-o-y) and 211,487 cases (up 21.9%

北米向け航空運賃、長期契約運賃は倍のケースも

日本発北米向けの航空貨物運賃が高騰している。直近の日本発の需要は年初~春頃に比べて落ちついているものの、中国や他のアジア発運賃が上昇しているため引きずられて上昇した格好だ。スポットレート、ファイルレート(長期契約運賃)ともに上昇しており、ファイルレートについてはフォワーダーと航空会社の契約によって異なるものの、10月の改定では夏季ダイヤ開始時点から倍となったケースもあったようだ。新型コロナウイルス