山九、タイ発インド向けシー&レールダイレクト混載(LCL)サービス開始 Sankyu to start Sea & Rail Direct Mixed Load (LCL) service f


山九は、タイ発インド向けにシー&レールによるダイレクト混載(LCL)サービスを始めた。バンコク市内とレムチャバン港の中間にあるラッカバンCFSで荷受けして同港で本船に積み、インド西岸・ピパバブ港で揚げ、同国国内鉄道に接続してデリー近郊のガリハルサ―ルICD(インランドコンテナデポ)内のCFSまでスルー輸送する。混雑するインド西岸のムンバイ・ナバシェバ港を回避する代替サービスで週1便の定期運航となる。ピパバブからデリーに直行する定期専用列車を利用することで、リードタイムを最短20日とし、従来より8日間短縮するという。タイ発第3国向けLCLの定期サービスは同社としては初めて。

Sankyu launched Sea and Rail Direct Mixed Load (LCL) service from Thailand to India. Lat Krabang CFS, located in the middle of Bangkok city and Laem Chabang port, received cargo and loaded it on this port, fried it at Pipavav port on the west coast of India, connected to a domestic railway and connected to Galliharsail ICD (Inland Container Depot) near Delhi. Through transport to CFS inside. This alternative service avoids Mumbai Nava Sheva Port on the busy West Coast of India and will be scheduled once a week. The lead time will be 20 days at a minimum and 8 days shorter than before by using a dedicated train going straight from Pipavav to Delhi. This is the first regular service from LCL in Thailand to a third country.


55回の閲覧

最新記事

すべて表示

中国、防疫強化による航空スペース減で中小フォワーダー打撃

中国政府の防疫強化による上海浦東国際空港のオペレーション能力低下から日本発中国向けの航空輸送スペース不足が続き、特に中小フォワーダーが打撃を受けている。上海向けでは航空会社の受託制限からスペースが大幅に縮小しており、同空港向けの輸送スペースは長期契約分のみに限られる状況だ。余剰スペースはなく、長期契約のない中小FWDは直行便のスペースが利用できない。北京や広州といった中国の他のゲートウエー空港も同

21年8月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量)

2021年8月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で21,551㌧(前年同月比+52.8%)、2位は近鉄エクスプレスで14,016㌧(+55.6%) 、3位は郵船ロジスティクスで12,016㌧(+72.8%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で5,068㌧ (+64.6%)、 5位は阪急阪神エクスプレスは4,904㌧(+90.3%)だった。

中国フォワーダーApex、アジア発北米向けの航空チャーター拡充

中国エアフォワーダー大手のApexロジスティクスは、ピークシーズンを迎え、アジア発北米主要都市向けの航空チャーターを拡充している。今月には、中国発64機、香港・台湾発41機、ベトナム発26機の北米向けだけでチャーター計131機を仕立てて、ピークシーズンの需要に対応する。中国政府が実施している輸入貨物の「封鎖管理」による空港現場のオペレーション能力の減少で、貨物便供給の戻らない同国の上海浦東空港では