タイ国際航空、仙台ーバンコク再就航を発表 Thai Airways International announces Sendai Bangkok re-launch


タイ国際航空(THA/TG)はバンコクと仙台空港結ぶ定期便を5年ぶりに再開する。10月30日から週3便運行する。運航は水、金、日曜日の週3便で、仙台発11:15バンコク着16:15(いずれも現地時間)。バンコク発は 火、木、土曜日23:50で仙台着は翌日07:30。利用状況によっては毎日運行も視野に入れるという。

Thai Airways International (THA / TG) resumes regular flights between Bangkok and Sendai Airport for the first time in five years. Three flights a week from October 30. It operates on Wednesdays, Fridays, and three flights a week on Sunday, leaving 11:15 in Bangkok to 16:15 in Bangkok (all at local time). Departure from Bangkok is Tuesday, Thursday, 23:50 on Saturday and will arrive at Sendai on 07:30 the next day. Depending on the usage situation, it is said that daily operations will be included in the scope.


4回の閲覧

最新記事

すべて表示

北米港湾の混雑継続、鉄道も貨物滞留

ONEは北米の西岸と東岸、内陸におけるコンテナ輸送の混雑状況について発表した。米国時間の1日時点で、西海岸ではロサンゼルス(ロングビーチ)で65隻、シアトル(タコマ)で12隻、バンクーバーで3隻が、東海岸ではジョージア州のサバンナで26隻のコンテナ船が待機中という。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的なEC利用拡大で、アジアから北米への海上輸送の玄関口である米国西海岸の港湾では、コンテナ取扱量

マースク、オランダのECサービス企業を買収

A.P.モラー・マースク(デンマーク)は、ECサービス事業を展開するB2Cヨーロッパ・ホールディングス(オランダ)の買収が完了した。B2Cヨーロッパ社は小包の集荷や仕分け、ラベリングなどのサービスを提供。ヨーロッパ35か国の100以上の運送業者と提携し、ラストワンマイル配送のネットワークを拡大している。オランダ、フランス、英国、スペインに加えて、中国にもオフィスを構える。強みを持つ海運事業に加えて

フェデックスが配送料金値上げ、コスト増反映

フェデックスコーポレーションは傘下のフェデックスエクスプレス、フェデックスグラウンド、フェデックスフレイトの3社が来年1月3日から配送料金を引き上げると発表した。フェデックスエクスプレスは米国国内、米国からの輸出・輸入サービスを対象に、平均5.9%値上げする。フェデックスグラウンドとフェデックスホームデリバリーの値上げ幅も5.9%となる見通し。フェデックスフレイトはサービスによって平均5.9%と7