5月国際貨物取扱量発表、減少とまらず  International cargo handling volume (May) announced, continued to decline


5月の主要6空港(成田・羽田・大阪・名古屋・福岡・千歳)の国際航空貨物取引量は29万6398㌧(前年同月比-13.5%)となった。税関が発表した 国際航空貨物取扱量(速報)によるもの。 3カ月連続の2桁減と、航空貨物の減少が続いている。

The volume of international air cargo traded at six major airports in May (Narita, Haneda, Osaka, Nagoya, Fukuoka, Chitose) was 296398 tons (-13.5% YoY). Based on international air cargo handling volume (preliminary report) announced by customs. The number of double-digit declines for three consecutive months has continued to lead to a decline in airfreight in Japan.


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年度下期複合輸送、輸出入合計7%増と急回復

国際フレイトフォワーダーズ協会(JIFFA)によると2020年度下期の国際複合輸送実績は、輸出が99万6446TEU(前年同期比+2.2%)、輸入が157万9122TEU(+10.2%)、輸出入合計が257万5568TEU(+7.0%)だった。レベニュートンベースでは、輸出が2456万5000㌧(+ 9.1%)で2018年度上期の水準まで回復し、輸入も3595万1000㌧(+ 5.2%)と、輸出入

日本発航空輸出混載貨物実績(4月)

4月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万481㌧(前年同月比+104.0%)、件数が25万3455件(+40.8%)だった。 重量は5カ月連続の増加。