MSCとCMA CGM、ブロックチェーン貿易プラットフォームに参加 MSC, CMA CGM to board shipping blockchain platform


MSC(スイス)とCMA CGM(フランス)は、ブロックチェーン貿易プラットフォーム「トレードレンズ(TradeLens)」に参加した。トレードレンズはIBMと物流大手のマースクが開発した国際貿易プラットフォーム。モノのインターネット(IoT)と感覚データを統合して、コンテナを追跡が可能で、温度調整やコンテナ重量などさまざまな数値も追跡できる。貨物船業者や港湾関係企業、税関、銀行、物流会社などの企業や組織が約100社参加している。MSCは業界第2位で、CMA CGMは第4位。これら大手の参加により、全世界の海上貨物の50%近くが分散型台帳技術(DLT)を活用して追跡されるようになるという。

MSC (Switzerland) and CMA CGM (France) have joined the blockchain trading platform "TradeLens". Trade lens is an international trading platform developed by IBM and logistics giant Marsk. By integrating sensory data with the Internet of Things (IoT), containers can be tracked, and various values such as temperature control and container weight can be tracked. About 100 companies and organizations such as cargo carriers, port companies, customs, banks and logistics companies are participating. MSC is second in the industry and CMA CGM is fourth. With the participation of these majors, nearly 50% of the world's ocean freight will be tracked using distributed ledger technology (DLT).


22回の閲覧

最新記事

すべて表示

日通、来年4月から電子契約サービスを全社導入 Nippon Express will introduce electronic contract service from April 2021

日本通運はテレワークや事務プロセスの改革を進めるため、2021年4月から電子契約を全社規模で導入する。子会社のワンビシアーカイブズがGMOグループと協業して開発・提供する電子契約・契約管理サービスの「ワンサイン」を採用するもので、電子署名・電子サインに対応している。一部のエリア支店では導入済み。自社支店と協力会社・取引先を含め、電子取引の拡大を進めるという。 Nippon Express will

CMA-CGM、システム障害未だ復旧せず CMA CGM is still struggling to get all its systems back online

CMA CGMが 9月28日にサイバー攻撃を受けてから10日以上経過したが、依然としてシステム障害は解消せず、eコマースウェブサイトは引き続き利用できない状況が続いている。その代わりに、既存顧客に対しては代替手段をウェブサイト上に公開しており、ツイッターを利用した対応も行っている。 More than 10 days have passed since CMA CGM was hit by a c

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.