タイ、レムチャバン港、コンテナ船で爆発 遅延の可能性も Container ship fire and explosion at Laem Chabang docks may case delay


5月25日、韓国の高麗海運が保有する香港登録船の爆発がタイ・レムチャバンで発生した。コンテナ内の危険物が爆発の原因であったと考えられている。 2019年5月27日時点で、A0、A1、A2、B1、およびB2ターミナルは入出港制限がかかり、再開予定は不明。他のターミナルは全て機能しているが、容量の減少に伴って遅延の可能性もあるという。

On the 25th of May an explosion on board M/V KMTC, a Hong Kong Registered vessel occurred at Leam Chabang port. The director of Thailand Port Authority later the same day said that the incident was under control.It is believed that dangerous cargo contents of a container were the cause of the explosion. Reports state that 25 people working at the terminal and on board the vessel were injured as a result. During the explosion, the vessel was berthed at terminal A2. As of 27th of May 2019, A0, A1, A2, B1, and B2 terminals are non-operational. At this stage it unknown when the terminals will be working again. It is reported that the inspection showed no dangerous chemicals inside of the container.Despite all the other terminals being fully operational, ports current reduced capacity can cause delays.


54回の閲覧

最新記事

すべて表示

フェデックス、ハノイ空港で危険物クラス9の取扱を開始 FedEx starts handling dangerous goods class 9 at Hanoi Airport

フェデックスエクスプレス(FDX/FX)は、ベトナム・ハノイ空港を発着する危険物クラス9の取り扱いを開始する。危険物クラス9には、リチウム電池や磁性物質のほか、航空機制の固体・液体などが含まれる。 FedEx Express (FDX/FX) will start handling dangerous goods class 9 departing and arriving at Hanoi Ai

成田空港の航空貨物積込量(7月)、回復傾向 Narita Airport air cargo loading (July) is on a recovery trend

東京税関によると、7月の成田空港の国際航空貨物取扱量は、積込量が6万5181㌧(前年同月比-19.8%)、取卸量が8万8500㌧(-4.2%)で、総取扱量は15万3681㌧(-11.5%)だった。新型コロナウイルスの影響で、積込量は5か月連続減少、取卸量は4か月連続減少したが、積込量は2か月連続で前月実績を上回り、前年同月実績と比べたマイナス幅も縮小傾向にある。 According to Toky

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.