米中貿易摩擦、追加制裁で日本発中国向け輸出減速懸念増大 US-China trade war, additional sanctions increase concern for exports fr


トランプ米政権は、新たな制裁関税として2000億ドル(約22兆円)分の中国発製品の関税を引き上げる考えを示した。これにより、悪化する米中貿易摩擦が荷動きの一層の減少を引き起こす懸念が増している。 中国では米国向け輸出減で工業製品の国内生産が伸びず、景気の減速が叫ばれている。中国―米国レーンの落ち込みの影響を受け、日本発中国向けの輸出は半導体関連や電子部品・部材、設備・機械、化学品・素材などを中心に昨秋からすでに勢いを失っている。日中間の物流市場は不透明感が増している。

Trump has indicated that it intends to raise tariffs on products originating in China worth $ 200 billion as new sanctions. This raises concerns that the worsening US-China trade war will cause further reductions in cargo movements. In China, the decline in exports to the United States does not boost domestic production of industrial products, and the economic slowdown is being called for. Exports from Japan to China have already lost momentum since last fall, mainly in semiconductors, electronic parts and components, equipment and machinery, chemicals and materials, etc., affected by the decline in the China-US lane. The logistics market between Japan and China is becoming increasingly uncertain.


10回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 40

欧州(前週比+2.7%)、北米東岸経由(+7.0%)、韓国(+0.2%)で増加。北米西岸経由(-3.7%)は減少。 Europe (+2.7%), North America via East Coast (+7.0%), and South Korea (+0.2%) increased. Traffic via the west coast of North America (-3.7%)

日本発航空輸出混載貨物実績(21年8月)

8月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が8万9012㌧(前年同月比+59.1%)、件数が21万1487件(+21.9%)だった。重量は9カ月連続の前年超え。 Airfreight consolidation shipments from Japan in August totaled 89,012 tons (up 59.1% y-o-y) and 211,487 cases (up 21.9%

北米向け航空運賃、長期契約運賃は倍のケースも

日本発北米向けの航空貨物運賃が高騰している。直近の日本発の需要は年初~春頃に比べて落ちついているものの、中国や他のアジア発運賃が上昇しているため引きずられて上昇した格好だ。スポットレート、ファイルレート(長期契約運賃)ともに上昇しており、ファイルレートについてはフォワーダーと航空会社の契約によって異なるものの、10月の改定では夏季ダイヤ開始時点から倍となったケースもあったようだ。新型コロナウイルス