パナルピナ、南米の生鮮物流企業を買収 Panalpina acquires fresh logistics firms in South America


パナルピナはコロンビアのカーゴマスター(CargoMaster S.A.)とエクアドルの子会社レーズエア(Laseair S.A.)の買収の合意を発表した。カーゴマスターはラテンアメリカ地域における生鮮品の航空貨物輸送の大手で、主に米国向けの生花などを取り扱うほか、欧州やアジア向け生鮮輸送も実施している。 パナルピナはこの買収によってラテンアメリカ地域の生鮮品の航空貨物輸送のトッププレイヤーになるとしている。

Panalpina announced that they agreed to acquire CargoMaster S.A.(Colombia) and its subsidiary Laseair S.A.(Ecuador). Cargomaster is a leading cargo carrier of air cargo in Latin America, handling mainly fresh flowers for the United States. In addition, it carries out fresh transport to Europe and Asia. Panalpina is expected to become a leading player in the air cargo transport of fresh produce in Latin America through this acquisition.


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

中国、防疫強化による航空スペース減で中小フォワーダー打撃

中国政府の防疫強化による上海浦東国際空港のオペレーション能力低下から日本発中国向けの航空輸送スペース不足が続き、特に中小フォワーダーが打撃を受けている。上海向けでは航空会社の受託制限からスペースが大幅に縮小しており、同空港向けの輸送スペースは長期契約分のみに限られる状況だ。余剰スペースはなく、長期契約のない中小FWDは直行便のスペースが利用できない。北京や広州といった中国の他のゲートウエー空港も同

21年8月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量)

2021年8月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で21,551㌧(前年同月比+52.8%)、2位は近鉄エクスプレスで14,016㌧(+55.6%) 、3位は郵船ロジスティクスで12,016㌧(+72.8%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で5,068㌧ (+64.6%)、 5位は阪急阪神エクスプレスは4,904㌧(+90.3%)だった。

中国フォワーダーApex、アジア発北米向けの航空チャーター拡充

中国エアフォワーダー大手のApexロジスティクスは、ピークシーズンを迎え、アジア発北米主要都市向けの航空チャーターを拡充している。今月には、中国発64機、香港・台湾発41機、ベトナム発26機の北米向けだけでチャーター計131機を仕立てて、ピークシーズンの需要に対応する。中国政府が実施している輸入貨物の「封鎖管理」による空港現場のオペレーション能力の減少で、貨物便供給の戻らない同国の上海浦東空港では