韓国船社、東京港揚げ貨物に混雑料値上げ Korea Shipping Company Raises Congestion Charge To containers to Tokyo Port


韓国コンテナ船社各社が、東京港揚げコンテナ貨物を対象として導入しているPCS(ポート・コンジェスチョン・サーチャージ)を6月以降値上げする。東京港における慢性的な混雑でスケジュール遅延や運航コスト増加が船社の負担となっている。今後も混雑が予想されるとして各社値上げを決めた。これまでに長錦商船、興亜海運、南星海運、汎洲海運、東進商船、パンオーシャンなどが明らかにしている。各社USD5/TEU、USD10/FEUとしている料率を、6月1日以降、USD8/TEU、USD16/FEUとし、2020年8月31日まで適用する。

Korean container shipping companies will raise the price of PCS (Port Congestion Surcharge) introduced for Tokyo port container cargo after June. Due to chronic congestion at Tokyo Port, schedule delays and increased operating costs are burdening shipping companies. Congestion is expected in the future, and Sinokor, Heung-a Shipping, Namsung, Pan Con, Dongjin, Pan Ocean, etc have decided to raise their prices. The rates will be raised from USD5 / TEU and USD10 / FEU to USD8 / TEU and USD16 / FEU starting from June 1st to August 31st, 2020.


37回の閲覧

最新記事

すべて表示

マースク、オランダのECサービス企業を買収

A.P.モラー・マースク(デンマーク)は、ECサービス事業を展開するB2Cヨーロッパ・ホールディングス(オランダ)の買収が完了した。B2Cヨーロッパ社は小包の集荷や仕分け、ラベリングなどのサービスを提供。ヨーロッパ35か国の100以上の運送業者と提携し、ラストワンマイル配送のネットワークを拡大している。オランダ、フランス、英国、スペインに加えて、中国にもオフィスを構える。強みを持つ海運事業に加えて

フェデックスが配送料金値上げ、コスト増反映

フェデックスコーポレーションは傘下のフェデックスエクスプレス、フェデックスグラウンド、フェデックスフレイトの3社が来年1月3日から配送料金を引き上げると発表した。フェデックスエクスプレスは米国国内、米国からの輸出・輸入サービスを対象に、平均5.9%値上げする。フェデックスグラウンドとフェデックスホームデリバリーの値上げ幅も5.9%となる見通し。フェデックスフレイトはサービスによって平均5.9%と7

ONE、モバイルアプリに貨物追跡など2機能追加

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)は、5月に提供を開始したモバイルアプリに、新機能として「トラック&トレース」と「チャット」を追加した。トラック&トレースは移動中の貨物を追跡する機能で、書類の提出状況や出荷指示、VGM(総重量確定情報)なども確認できる。チャット機能は、ONEのカスタマーサービスにアクセスするためのもの。同社は「ONEと顧客の距離を縮める」としている。同社のアプリは、取引