GW明け、混乱少なく 荷動き鈍化に拍車 Less confusion after the Golden Week reveals slowing down cargo movement


ゴールデンウイーク(GW)明け初日となった7日、主要な空港貨物地区や港では深刻な混雑が懸念されていたがいずれも大きな混乱はなかった。航空輸入上屋の滞貨は異例の長期休暇にも関わらず例年通りに収まったという。港でも港湾労組による連休中のストライキ実施を懸念した荷主が事前に出荷調整していたこともあり、深刻なヤード内の貨物滞留はほぼなかった。影響が軽微に収まったことより荷動きのさらなる鈍化に懸念を示す声が多い。

On the 7th, the first day after the Gloden week, major airport cargo areas and ports were concerned about serious congestion, but none of them was disrupted. It is said that the backlog of air importers has settled as usual despite the unusual long holidays. There were also no serious cargo stagnation in the yard, as shippers had also adjusted shipments in advance, concerned about the implementation of strikes during the regular holidays by the port unions at ports. Many voices have expressed concern about further slowing down of cargo movement from the fact that the impact has become minor.


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。

スエズ運河で座礁のコンテナ船離礁 A stranded container ship has left the Suez Canal

スエズ運河で座礁していたコンテナ船は、現地時間29日早朝、離礁に成功した。同船は日本時間29日夕に移動を開始し、運河途中の湖に到着後、運河の通航が再開される見通し。ただ、運河両端では既に450隻を超える滞船が発生しており、全て通過するまでどのくらいの時間を要するかは不明。20隻以上のコンテナ船が喜望峰ルートへ切り替えている。スケジュールの影響は避けられないという。 A container ship