海運決算、大手3社とも黒字予想 All three major shipping companies expect surplus


邦船大手3社の2020年3月期通期経常損益予想は、日本郵船が370億円の黒字、商船三井が500億円の黒字、川崎汽船が50億円の黒字となった。3社のコンテナ船事業統合会社オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)の業績が大幅に回復し、黒字転換の見込みに加え、不定期専用船でもLNGや海洋事業が堅調に推移するほか、自動車船の回復などで3社とも増益となる見通し。

Three major Japanese carriers forecasted ordinary profit and loss forecasts for the full fiscal year ending March 2020 of Nippon Yusen for 37 billion yen, MOL Mitsui for 50 billion yen, and Kawasaki Kisen for 5 billion yen. Business performance of three container ship business integrated company Ocean Network Express (ONE) has recovered substantially, and in addition to the prospect of a return to profitability, LNG and ocean business will also be firm in non-regular vessels, and car carriers All three companies are expected to increase their profit thanks to recovery.


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

コンテナ長期契約交渉開始、値上げは必至 Long-term contract negotiations for marine containers have started

来期に向けた海上コンテナ貨物の長期契約交渉が始まりつつある。先行して妥結した海外では、スポット市場の高騰を受けて昨年より大幅な値上げが進む。サプライチェーンの深刻な混乱から、荷主はスペースとコンテナ確保を最優先しており、日本においても値上げの実現自体は確実視されている。 Long-term contract negotiations for marine container cargo for t

SCFI Summary week 1

北米西岸経由(前週比+1)、 北米東岸経由(+21) 、 欧州(+360)で増加。釜山(±0)は横ばい。 The Shanghai Containerized Freight Index as of 8th of January increased via the west coast of North America (+1 compared to the previous week), via

日本発航空輸出混載貨物実績(11月) Air cargo exporting from Japan results (November)

2020年11月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が7万6163㌧(前年同月比-3.4%)、件数が21万5358件(-13.1%)だった。 重量は10月に23カ月ぶりの前年超えを記録していたが、再びマイナスに転じた。台湾が2割減となるなどTC3向けが10月に比べて落ち込んだ。一方、輸入件数はほぼ横ばいながら14カ月ぶりにプラスに転じた。 In November 2020, the actual

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.