海運決算、大手3社とも黒字予想 All three major shipping companies expect surplus


邦船大手3社の2020年3月期通期経常損益予想は、日本郵船が370億円の黒字、商船三井が500億円の黒字、川崎汽船が50億円の黒字となった。3社のコンテナ船事業統合会社オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)の業績が大幅に回復し、黒字転換の見込みに加え、不定期専用船でもLNGや海洋事業が堅調に推移するほか、自動車船の回復などで3社とも増益となる見通し。

Three major Japanese carriers forecasted ordinary profit and loss forecasts for the full fiscal year ending March 2020 of Nippon Yusen for 37 billion yen, MOL Mitsui for 50 billion yen, and Kawasaki Kisen for 5 billion yen. Business performance of three container ship business integrated company Ocean Network Express (ONE) has recovered substantially, and in addition to the prospect of a return to profitability, LNG and ocean business will also be firm in non-regular vessels, and car carriers All three companies are expected to increase their profit thanks to recovery.


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

ANAの貨物部門、売上過去最高

ANAホールディングス(NH/ANA)の2021年3月期の連結決算によると、貨物部門のANAカーゴが過去最高の1605億円(前期比+56.3%)を記録した。旅客便の運休・減便により国際線貨物輸送重量が65.5万㌧(-24.4%)に減少したものの、需給のひっ迫によって運賃が高騰したことによる。前期は、第1四半期にマスクなど緊急物資の輸送需要が増加し、8月以降は自動車関連部品や半導体、電子機器などの需

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。