日系航空3社、3月期決算発表  Three Japanese airlines announce financial results for March


ANAホールディングス(ANA/NH)、日本航空(JAL/JL)、日本貨物航空(NCA/KZ)の日系航空3社の2019年3月期連結決算が発表された。ANA、JALは増収増益だったが、自社機運航を停止していたNCAは赤字となった。ANAの売上高は前期比4.4%増の2兆583億円(前期比+4.4%)、営業利益が1650億円(+0.3%)、経常利益が2.5%減の1566億円(+2.5%)だった。航空事業を中心に増収、営業益は4期連続で過去最高を更新した。JALの売上高は1兆4872億円(+7.5%)、営業利益が1761億円(+0.9%)、経常利益が11653億円(+1.3%)だった。好調だった旅客及び貨物の国際線収入が増益を支えた。NCAの売上高は567億円(-42%)、経常損益が159億円の赤字(前期は18億円の黒字)となった。昨年6月から自社貨物機が運航を停止した影響で大きく収入を減らした。

The consolidated financial results for the fiscal year ending March 2019 were announced by three Japanese airlines, ANA Holdings (ANA / NH), Japan Airlines (JAL / JL) and Nippon Cargo Airlines (NCA / KZ). While ANA and JAL reported higher sales and profits, NCA, which had stopped operating its aircraft, was in the red. ANA's sales increased 4.4% to 2,058.3 billion yen (+ 4.4% from the previous year), operating income is 165 billion yen (0.3%), ordinary income is 2.5% decreased to 156.6 billion yen (+ 2.5% )was. Sales increased mainly in the aviation business, and operating profit reached a record high for four consecutive terms. Sales of JAL were 1,487.2 billion yen (+ 7.5%), operating income was 176.1 billion yen (+ 0.9%), and ordinary income was 116.5 billion yen (+ 1.3%). Strong international passenger and freight revenues supported the increase. NCA's sales were 56.7 billion yen (-42%) and ordinary loss was 15.9 billion yen (compared to a surplus of 1.8 billion yen in the previous year). A significant decrease in sales due to the suspension of operations of our own cargo aircraft from June last year.


12回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

ANAの貨物部門、売上過去最高

ANAホールディングス(NH/ANA)の2021年3月期の連結決算によると、貨物部門のANAカーゴが過去最高の1605億円(前期比+56.3%)を記録した。旅客便の運休・減便により国際線貨物輸送重量が65.5万㌧(-24.4%)に減少したものの、需給のひっ迫によって運賃が高騰したことによる。前期は、第1四半期にマスクなど緊急物資の輸送需要が増加し、8月以降は自動車関連部品や半導体、電子機器などの需

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。