航空貨物、GW控え情報共有 Air cargo industry prepare for the Golden week


今月末からのゴールデンウイークを控え、航空貨物業界でも事前対応の動きが本格化している。今年のGWは10連休となることから、例年よりもGW前後の搬出入の集中や滞貨が激化し、貨物地区が混乱することも懸念される。成田など主要空港の貨物上屋の多くは通常通りの営業体制で、貨物量に応じた人手をそろえて休暇中の貨物の出入りに備える構え。ただ、上屋会社やフォワーダーも荷量の見通しが固まっておらず、GW中の人員配置などが決められない会社もある。航空会社や上屋はフォワーダーに、さらにフォワーダーは荷主に対して、早期の出荷情報の共有を呼び掛けている。

With the Golden Week coming from the end of this month, there has been a proactive response in the air cargo industry.

Since the GW of this year is 10 consecutive holidays, before and after the GW in the cargo area, it is feared that the concentration of loading and unloading, and intensification of backlog may be more than usual. Many of the cargo docks at major airports, such as Narita, operate normally. They will prepare for staff depending on the amount of cargo coming in and going out. However, the cargo companies and forwarders have not yet forecasted cargo volume, this make some companies difficult to decide on staffing. Airlines and warehouses are asking forwarders for sharing shipping information from shippers earlier during the holidays.


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 40

欧州(前週比+2.7%)、北米東岸経由(+7.0%)、韓国(+0.2%)で増加。北米西岸経由(-3.7%)は減少。 Europe (+2.7%), North America via East Coast (+7.0%), and South Korea (+0.2%) increased. Traffic via the west coast of North America (-3.7%)

北米港湾の混雑継続、鉄道も貨物滞留

ONEは北米の西岸と東岸、内陸におけるコンテナ輸送の混雑状況について発表した。米国時間の1日時点で、西海岸ではロサンゼルス(ロングビーチ)で65隻、シアトル(タコマ)で12隻、バンクーバーで3隻が、東海岸ではジョージア州のサバンナで26隻のコンテナ船が待機中という。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的なEC利用拡大で、アジアから北米への海上輸送の玄関口である米国西海岸の港湾では、コンテナ取扱量

日本発航空輸出混載貨物実績(21年8月)

8月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が8万9012㌧(前年同月比+59.1%)、件数が21万1487件(+21.9%)だった。重量は9カ月連続の前年超え。 Airfreight consolidation shipments from Japan in August totaled 89,012 tons (up 59.1% y-o-y) and 211,487 cases (up 21.9%