横浜港の搬出入事前予約実証、待機時間は半減以上の効果


3月27日、国土交通省関東地方整備局は横浜市内で第7回情報通信技術を活用した横浜港コンテナ輸送効率化検討会を開催した。横浜港・南本牧ふ頭で実証を行っていた港湾情報システム「CONPAS」を活用した海上コンテナの陸送効率化策と、シャーシの共同利用化の効果について報告した。CONPASを活用したコンテナ搬出入の事前予約制の実証では、混雑する時間帯に集中するトレーラーを分散化することで、ゲート前待機時間を搬出で約5割、搬入で約6割削減した。次回は繁忙期での効果を検証するため、ゴールデンウイーク(GW)前後に実証を行う。シャーシの共同利用化では、コンテナターミナル最寄りのシャーシとシャーシプールを利用することで、走行時間を従来から5~34%削減した。今後はCONPASにインターフェースの改良や機能追加、システムの運営主体の検討などを進めていく方針だ。また、CONPASと、20年の稼働を目指して構築を進めている港湾関連データ連携基盤を接続し、データの相互利用を図るほか、CONPASに蓄積されるビッグデータをAI(人工知能)ターミナルに活用させ、荷役精度を向上させることも視野に入れている。


128回の閲覧

最新記事

すべて表示

北米港湾の混雑継続、鉄道も貨物滞留

ONEは北米の西岸と東岸、内陸におけるコンテナ輸送の混雑状況について発表した。米国時間の1日時点で、西海岸ではロサンゼルス(ロングビーチ)で65隻、シアトル(タコマ)で12隻、バンクーバーで3隻が、東海岸ではジョージア州のサバンナで26隻のコンテナ船が待機中という。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的なEC利用拡大で、アジアから北米への海上輸送の玄関口である米国西海岸の港湾では、コンテナ取扱量

ONE、モバイルアプリに貨物追跡など2機能追加

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)は、5月に提供を開始したモバイルアプリに、新機能として「トラック&トレース」と「チャット」を追加した。トラック&トレースは移動中の貨物を追跡する機能で、書類の提出状況や出荷指示、VGM(総重量確定情報)なども確認できる。チャット機能は、ONEのカスタマーサービスにアクセスするためのもの。同社は「ONEと顧客の距離を縮める」としている。同社のアプリは、取引

国総研、スエズ事故影響の全容把握の長期化を予測

国土技術政策総合研究所は8日、今年3月23日にスエズ運河内で2万TEUの大型コンテナ船「エバーギブン」が座礁し、1週間にわたり運河を閉塞させた事案を受けた研究資料を公開した。海上物流において貨物船が集中する、国際海峡・運河などへの依存度が年々高くなっていることから、運河の閉塞による影響の全容把握には時間がかかると指摘している。資料では、3月のスエズ運河閉塞による直接損失額が460億米ドル、波及効果