日通、中欧鉄道試験輸送の結果を報告


日本通運は、今年度に経済産業省から受諾した中欧鉄道の試験輸送で、予定していた14件のうち、列車運休による中止を除いた10件を実施した。その中で、41両・41FEU全てを日通が仕立てた「日通ブロックトレイン」は昨年12月に中国・西安(陝西省)を出発し、予定より2日早く先月に独デュイスブルクに到着した。10件を通じ、海上輸送と比較した輸送中の振動や温度、湿度は問題がなかったという。また、中国内陸発で特に最終仕向け地が中東欧向けでは「(ドレージや港湾作業費などを含む)オール・ウオーターの海運と運賃も同程度となり、十分に競争力がある」と検証結果を考察した。同社は今後も日本発着を同鉄道に接続するシー・エア&レールサービスを拡大していく考えだ。


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

2019年中国フォワーダーランキング、日通14位 The 2019 China Forwarder Ranking, Nippon Express ranked in 14th

中国国際貨運代理協会(中国フォワーダー協会、CIFA)は2019年の中国フォワーダーランキングベスト100を発表した。総合1位はシノトランス、2位は海運最大手のチャイナ・コスコ・ホールディングス傘下の中遠海運国際貨運(コスコ・インターナショナル・フレート)、3位は中国物資儲運集団だった。日系現地法人では日本通運14位、近鉄エクスプレス23位、郵船ロジスティクス29位にランクイン。事業別では、日通が

2020年12月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) Forwarder Ranking in December 2020

2020年12月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で23,366㌧(前年同月比+35.0%)、2位は近鉄エクスプレス12,926㌧(+9.9%) 、3位は郵船ロジスティクス11,513㌧(+19.8%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)5,028㌧ (+19.4%)、5位は阪急阪神エクスプレスは4,931㌧(+29.2%)だった。全社前年

郵船ロジ、チリで合弁会社を設立 Yusen Logistics establishes joint venture in Chile

郵船ロジスティクスはチリで現地バートナー企業と合弁会社Yusen Logistics Chile SpAを設立した。同社は 2016年からチリで物流サービスを提供しているが、合弁会社設立でさらなる物流事業拡大を目指す。チリは銅などの鉱山物のほか、農林水産物の輸出も盛ん。近年は輸出市場の拡大を目指して近隣諸国やアジア太平洋地域との関係強化や、積極的な通商政策を進めている。 Yusen Logisti

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.