MABカーゴ、ULD管理にIoT導入


3月11日、マレーシアで最大の航空貨物ハンドリング事業者であるMABカーゴは、TWコントロール(TWC)、COREトランスポート・テクノロジース(CORE)およびノルディスク・アビエーション・プロダクツ(ノルディスク)と航空コンテナおよびパレットの追跡機能における協業で合意し、調印した。ユニット・ロード・デバイス(ULD)管理プロセスにIoT(モノのインターネット)を取り入れることで、利便性向上、荷役効率化を狙う。リアルタイムのULD追跡情報で、天候要因などでオペレーションにイレギュラーが発生して遅延している貨物をより正確にモニターし、再出荷の計画を立てることができるようになるという。


13回の閲覧

最新記事

すべて表示

財務省関税局、中長期ビジョン「スマート税関構想2020」発表 Smart Customs Concept 2020

財務省関税局・税関は、AI(人工知能)など先端技術を活用して業務の高度化・効率化を図る税関行政の中長期ビジョン「スマート税関構想2020」を発表した。貿易の健全な発展と安全な社会の実現に向けて施策に取り組み、「世界最先端の税関」を目指す。 The Ministry of Finance Customs Bureau and Customs have announced the "Smart Cus

エアアジア、航空貨物にブロックチェーンシステム導入 成約速度は10倍に AirAsia introduces blockchain system for air freight 10X faster

エアアジア・グループの物流部門「テレポート・コマース・マレーシア(以下、テレポート)」は、ブロックチェーン(BC)技術を活用した、世界初のデジタル航空貨物ネットワーク「フレイトチェーン」を運用開始した。荷主、フォワーダーはオンライン環境にあれば、BCで検証された航空貨物スペースの入札をリアルタイムに行い、数分で予約完了できる。時間のかかる書類やEメール、電話でのプロセスを同プラットフォーム上の作業

日立ソリューションズ、原産地証明書管理サービスを提供 Hitachi Solutions Provides Certificate of Origin Management Service

日立ソリューションズは、輸出入で自由貿易協定(FTA)を適用する際に必須となる物品の原産地証明を支援する「原産地証明書管理サービス」を3月18日からクラウド上で提供開始すると発表した。同サービスは、FTAを用いて輸出する物品が協定締約国内産であることを企業が自ら証明する「自己証明制度」の原産性判定手続きにおいて、専門家の知見を生かしたワークフローや、証明書類の一元管理により正当性を確立し、コンプラ

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.