国交省「ASEANスマートコールドチェーン構想」を公表


3月8日、国土交通省は「ASEANスマートコールドチェーン構想」のビジョンと戦略を公表した。アセアンで高まるコールドチェーン物流の需要を捉え、新たな需要創出に加えて質の高い日本のサービスや技術の普及にもつなげる。アセアン10カ国に対する今後5年間の共通的な取り組みとして策定し、特にインドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシアの5カ国を重点国として進める。策定したビジョンは下記4点。

1.高付加価値な貨物需要の創出

2.わが国事業者の優位性確保のための基盤整備

3.新たなビジネス創出支援

4.新技術の活用

消費者への啓発活動やIoT、AIなどの活用を通じて需 要を創出し、安全性の強化を図る。また、アセアンは人口の4割がイスラム教徒。ハラル物流の需要に対応するための環境整備を進めていく。今後、アセアン域内に加えて中東でもハラル貨物の取り込めるよう、ハラル貨物への理解を深める機会も増やしていくという。


29回の閲覧

最新記事

すべて表示

SCFI Summary week 38

北米西岸経由(前週比+53)、 北米東岸経由(+100) 、 欧州(+27)、 釜山(+6)はで増加 。 The Shanghai Containerized Freight Index as of 18th of September increased via the west coast of North America (+53 compared to the previous week),

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.