2018年12月半導体装置輸出、中韓台向けに減少続く


中国・韓国・台湾向けの2018年12月の半導体・FPD(フラットパネルディスプレー)製造装置の輸出重量は、計約8539㌧(前年同月比-41.5%)だった。下落は3カ月連続で、減少幅は4割に拡大した。8000㌧台は、空前の半導体需要期「スーパーサイクル」に入った頃とされる2016年10月以来、2年2カ月ぶり。中国向けの落ち込みが顕著で、11カ月ぶりに6000㌧を下回った。同国の半導体の新工場プロジェクトの遅延や停止が要因とされる。同月の世界全体向けも減り、1万トン超となった。日本の半導体装置販売高は1桁増。 日本半導体製造装置協会(SEAJ) は「18年度後半から19年度前半にかけてメモリー半導体の投資減速で一時的な調整の可能性がある」とし、右肩上がりの市場予想を改め、一定期間の停滞を見込んでいる。


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。

CCFI Summary week 11

欧州(前週比+0.1)、釜山(+2.1) で増加。北米西岸経由(-2.5%)、 北米東岸経由(-3.9%) は減少。 Increase in Europe (+0.1) and Busan (+2.1). Traffic via the west coast of North America (-2.5%) and via the east coast of North America (-3.9