日系航空2018年4~12月期決算、ANAとJALが増収維持


ANAホールディング(ANA/NH)、日本貨物航空(NCA/KZ)、日本航空(JAL/JL)の邦人航空3社の国際貨物事業における2018年4~12月期決算はでANA、JALが2桁増収を維持した。貨物量はANAが前年割れ、JALが4~9月期から増加幅を縮小するなどして鈍化傾向だが、運賃単価の上昇が継続している。しかしながら、両社とも19年1~3月期は米中貿易摩擦などでさらなる荷動きの鈍化に懸念を示した。NCAは自社機の運航停止が続いて輸送量が前年同期から半減し、経常赤字を積み増した。一方で、自社運航機の復帰が順調に進んだことから通期の経常赤字は従来予想から10億円減の150億円に上方修正した。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

フェデックス、ハノイ空港で危険物クラス9の取扱を開始 FedEx starts handling dangerous goods class 9 at Hanoi Airport

フェデックスエクスプレス(FDX/FX)は、ベトナム・ハノイ空港を発着する危険物クラス9の取り扱いを開始する。危険物クラス9には、リチウム電池や磁性物質のほか、航空機制の固体・液体などが含まれる。 FedEx Express (FDX/FX) will start handling dangerous goods class 9 departing and arriving at Hanoi Ai

マースク、ダムコの航空・LCL事業吸収 Maersk merges Damco's aviation and LCL business

マースクは世界規模で組織改編を行い、ダムコの航空フォワーディングおよび海上LCLサービスをマースクと統合させる。LCLは1つのコンテナに複数の荷主の貨物を混載する輸送形態。現在のサプライチェーンにおける輸送ニーズを満たすには、さまざまな輸送モードの活用が不可欠とし、海上輸送を担うマースクがダムコを吸収する形でこのニーズに応える。マースクは世界2割のシェアを持つコンテナ船オペレーターとしてだけでなく

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.