ケイラインロジ、AEO認定通関業者認定を自主返納


2018年12月26日ケイラインロジスティックスは、東京税関に対してAEO認定通関業者(*)の認定を自主返納したと発表した。同社の取り扱った輸入別送品通関業務において、不適切な申告を行っていたことによるもの。コンプライアンス意識の希薄化が要因と考え、自主返納に至った。すべての役職員が一丸となってコンプライアンス体制の徹底強化に取り組み、信頼回復に向けて全力を尽くすという。

*AEO認定通関業者:貨物のセキュリティー管理とコンプライアンスの体制が整備されたと、税関長の認定を受けた通関業者。輸入の際、貨物の引取り後に納税申告を行えるなど、様々なメリットがある。


436回の閲覧

最新記事

すべて表示

近鉄エクスプレス、2021年3月期は最高益見通し  KWE forecasts highest profits for the fiscal year ending March 2021

近鉄エクスプレスは2021年3月期第2四半期決算の業績が、営業収入で2,637億18百万円(前年同期比-2.9%減)、営業利益は130億8百万円(+48.5%)、経常利益は134億24百万円(+104.0%)、親会社株主に帰属する四半期純利益は81億58百万円(+266.6%)となった。新型コロナの影響により、取扱物量は減少したが、航空貨物輸送における旅客便の減便による輸送スペースの大幅な減少に伴

日通、「グローバルNVOCCセンター」を設立 Nippon Express establishes "Global NVOCC Center"

日本通運は、海運フォワーディング事業の強化を目的とした「グローバルNVOCCセンター(GNC)」を設立した。日本を発着とする海運フォワーディング事業(NVOCC)のさらなる成長のため、海運フォワーディングにおけるグローバルでの体制強化を図る。今後はGNCに海外現地法人が行っていた一部業務の集約を行い、一括した利用船社の選定・購買、価格競争力のあるNVOCC商品の開発、海外各地で提供するロジスティク

9月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) September Forwarder Ranking (International Air Cargo Handling Volume)

9月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,470㌧(前年同月比+7.8%)、2位は近鉄エクスプレス10,313㌧(-15.1%) 、3位は郵船ロジスティクス8,715㌧(-25.1%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)3,706㌧ (-15.1%)、5位は阪急阪神エクスプレスは3,176㌧(-16.8%)だった。日通は21ヶ月ぶりに前

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.