2019年中国フォワーダーランキング、日通14位 The 2019 China Forwarder Ranking, Nippon Express ranked in 14th

中国国際貨運代理協会(中国フォワーダー協会、CIFA)は2019年の中国フォワーダーランキングベスト100を発表した。総合1位はシノトランス、2位は海運最大手のチャイナ・コスコ・ホールディングス傘下の中遠海運国際貨運(コスコ・インターナショナル・フレート)、3位は中国物資儲運集団だった。日系現地法人では日本通運14位、近鉄エクスプレス23位、郵船ロジスティクス29位にランクイン。事業別では、日通が航空、倉庫、陸運で、近鉄が航空でトップ10に入った。CIFAへは国際フォワーディング(貨運代理)事業を行う中国・香港などの企業約600社が加盟する。ランキングは加盟社の任意の自己申告から、売上高を基準として公表している。

The China International Freight Agency Association (China Forwarder Association, CIFA) has announced the top 100 Chinese forwarder rankings in 2019. Overall, No. 1 was Shinotrans, No. 2 was China Cosco Holdings, a subsidiary of China Cosco Holdings, and Cosco International Freight was No. 3, and China's goods-making group was No. 3. Among Japanese subsidiaries, Nippon Express is ranked 14th overall, Kintetsu Express is ranked 23rd, and Yusen Logistics is ranked 29th. By business, Nippon Express was in the top 10 by air, warehousing, and land transportation, and Kintetsu was in the top 10 by air. About 600 companies such as China and Hong Kong, which are engaged in international forwarding (freight forwarding) business, will join CIFA. Rankings are published based on sales from voluntary self-reports of member companies.

46回の閲覧

最新記事

すべて表示

DSVパナルピナ、アジリティの商業貨物部門買収

DSVパナルピナは、中東系物流大手アジリティの一般商業貨物部門アジリティ・グローバル・インテグレーテッド・ロジスティクス(アジリティGIL)の買収を発表した。買収額は42億ドル。アジリティGILの業績を合わせたDSVパナルピナの事業規模は、売上高約220億ドル、従業員7万人以上に拡大し、売上高でDBシェンカーを抜き世界3位の3PL企業となる。フォワーディングの取扱量は航空貨物160万㌧以上、海上貨

郵船ロジ、北米向け自動車関連で航空輸出過去最高

郵船ロジスティクスの3月の日本発国際航空貨物取扱量は17,219㌧と、統合による会社発足後過去最高を記録した。北米向けの自動車関連緊急輸送需要を取り込んだことによる。成田発で米国や欧州に毎週ベリーチャーターを継続しており、ボリュームを生かした購買力で安定的にスペースを確保、運賃マーケットが高い中でも競争力ある航空輸送商品を提供している。事業や地域を超えた部門間の連携で、過去最高の物量も円滑なオペレ

2021年3月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) 

2021年3月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で28,556㌧(前年同月比+83.9%)、2位は郵船ロジスティクスで17,219㌧(+103.0%) 、3位は近鉄エクスプレスで16,443㌧(+44.2%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で5,903㌧ (+48.3%) 、5位は 阪急阪神エクスプレスは5,888㌧(+59.9%)とな