東京港、2018年上期取扱量過去最高


東京都港湾局によると東京港の2018年上期(1~6月)の外国貿易コンテナ取扱量は速報値ベースで222万7441TEU(前年同期比+1.7%)と、過去最高を更新した。内訳は、輸出が102万6016TEU(同+2.0%)、輸入が120万1425TEU(同+1.6%)。国別内訳は、輸出入ともに上位3位は中国、アメリカ、タイ。輸出において中国、アメリカは前年の実績を下回ったが、タイは17.6%増と好調。他にもマレーシアが43.2%増、インドネシアが27.3%増などと記録を伸ばしている。輸入ではアメリカやカナダが堅調に推移した。


8回の閲覧

最新記事

すべて表示

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。

スエズ運河で座礁のコンテナ船離礁 A stranded container ship has left the Suez Canal

スエズ運河で座礁していたコンテナ船は、現地時間29日早朝、離礁に成功した。同船は日本時間29日夕に移動を開始し、運河途中の湖に到着後、運河の通航が再開される見通し。ただ、運河両端では既に450隻を超える滞船が発生しており、全て通過するまでどのくらいの時間を要するかは不明。20隻以上のコンテナ船が喜望峰ルートへ切り替えている。スケジュールの影響は避けられないという。 A container ship