11月の日本発国際航空貨物量、前年割れへ


全国の税関が12月6日に発表した11月の主要空港の国際航空貨物取扱量の速報によると、同月の主要6空港の合計取扱量は34万4257トン(前年同月比-6.2%)だった。6空港の総取扱量は10月に0.5%減の35万トン超とほぼ前年並みに戻していたが、11月は減少幅が拡大。全国実績も前年割れが予想される。主力の成田で積み込み・取り降ろしとも仮陸揚げの減少が続いたほか、輸出入貨物の増勢が10月に比べて鈍化。羽田も総取扱量が2年9カ月ぶりに前年割れとなった。一方、9月に台風21号の影響で前年同月比6割減の2万トン台まで落ち込んだ関西国際空港は、総取扱量が8万トン弱まで回復した。


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。