岩手・釜石港のコンテナ取り扱い急増


岩手県・釜石市は、釜石港のコンテナ取扱量が10月末時点で6231TEUとなったことを発表した。同港の2017年取扱量は2016年と比べ、34.3%増加した3724TEUだが、今年は9月末時点で5000TEUを超え、岩手県史上最高の取扱量を記録している。釜石港では、昨年9月に岩手県で初めてのガントリークレーンを導入・供用を開始した。また、同11月からは南星海運が釜石港と中国・韓国を結ぶ外貿航路を開設している。このほかにも、京浜港とを結ぶ国際フィーダー航路も就航しており、井本商運が運航しOOCLとSITCコンテナラインズがサービスを提供している。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

フェデックス、ハノイ空港で危険物クラス9の取扱を開始 FedEx starts handling dangerous goods class 9 at Hanoi Airport

フェデックスエクスプレス(FDX/FX)は、ベトナム・ハノイ空港を発着する危険物クラス9の取り扱いを開始する。危険物クラス9には、リチウム電池や磁性物質のほか、航空機制の固体・液体などが含まれる。 FedEx Express (FDX/FX) will start handling dangerous goods class 9 departing and arriving at Hanoi Ai

マースク、ダムコの航空・LCL事業吸収 Maersk merges Damco's aviation and LCL business

マースクは世界規模で組織改編を行い、ダムコの航空フォワーディングおよび海上LCLサービスをマースクと統合させる。LCLは1つのコンテナに複数の荷主の貨物を混載する輸送形態。現在のサプライチェーンにおける輸送ニーズを満たすには、さまざまな輸送モードの活用が不可欠とし、海上輸送を担うマースクがダムコを吸収する形でこのニーズに応える。マースクは世界2割のシェアを持つコンテナ船オペレーターとしてだけでなく

成田空港の航空貨物積込量(7月)、回復傾向 Narita Airport air cargo loading (July) is on a recovery trend

東京税関によると、7月の成田空港の国際航空貨物取扱量は、積込量が6万5181㌧(前年同月比-19.8%)、取卸量が8万8500㌧(-4.2%)で、総取扱量は15万3681㌧(-11.5%)だった。新型コロナウイルスの影響で、積込量は5か月連続減少、取卸量は4か月連続減少したが、積込量は2か月連続で前月実績を上回り、前年同月実績と比べたマイナス幅も縮小傾向にある。 According to Toky

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.