日本通運、4~9月期決算発表


日本通運の2018年4~9月期連結決算は、売上高が1兆403億円(前年同期比+8.8%)、営業利益が340億円(同+5.6%)、経常利益が377億円(同+9.6%)、純利益が8.7%増の234億円(同+8.7%)といずれも過去最高を更新した。営業利益では、日本、東アジア、南アジア・オセアニアが増益し、日本の航空輸出の増加が顕著であった。2019年3月期通期連結業績予想は、売上高を上方修正する一方、日本での西日本豪雨や台風21号による関西国際空港の被害などをはじめとする費用の高止まりを受け、

利益は据え置いた。竹津副社長は、環太平洋経済連携協定「TPP11」が今年12月30日の発効が決定について、「域内の貿易が安定して推移すれば、われわれも東アジア、南アジアで特に力を入れているため、仕事が増えるのだろうと期待している。ただ、どのような形でどうなっていくかは先が見えない。米中の関係もどういう影響が出てくるか、予断を許さない面がある。そういう流れに、少しでもTPP11が良い方向で動けばと期待している」とした。


6回の閲覧

最新記事

すべて表示

近鉄エクスプレス、インドネシアで税関から最優秀表彰

近鉄エクスプレスは、インドネシア現地法人(KWEインドネシア)が首都ジャカルタ北部のタンジュンプリオク港税関から、2021年の最優秀通関業者として表彰されたと発表した。この表彰制度は、ことしは3万社の通関業者から85社がノミネートされ、KWEインドネシアを含む5社が優秀業者として選出。海上輸出入の申告件数と適正申告などのコンプライアンス順守などが総合的に評価され、初めて最優秀通関業者に選ばれた。K

中国、防疫強化による航空スペース減で中小フォワーダー打撃

中国政府の防疫強化による上海浦東国際空港のオペレーション能力低下から日本発中国向けの航空輸送スペース不足が続き、特に中小フォワーダーが打撃を受けている。上海向けでは航空会社の受託制限からスペースが大幅に縮小しており、同空港向けの輸送スペースは長期契約分のみに限られる状況だ。余剰スペースはなく、長期契約のない中小FWDは直行便のスペースが利用できない。北京や広州といった中国の他のゲートウエー空港も同

21年8月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量)

2021年8月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で21,551㌧(前年同月比+52.8%)、2位は近鉄エクスプレスで14,016㌧(+55.6%) 、3位は郵船ロジスティクスで12,016㌧(+72.8%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で5,068㌧ (+64.6%)、 5位は阪急阪神エクスプレスは4,904㌧(+90.3%)だった。