関西国際空港国際貨物地区、12月初旬にほぼ完全復旧


台風21号からの復旧が遅れていた全日本空輸の輸入上屋が、12月2日までに外国籍航空会社の貨物便搭載分の取り扱いを

完全に再開する。これで関西国際空港の国際貨物地区は被災から約3カ月を経てほぼ完全復旧する目処が立った。

同社の輸入上屋は10月末までに施設屋根の修理などを終えて段階的に運営を再開している。10月中旬までに自社貨物便については全路線の取り扱いを再開していた。しかしながら、旅客便については関空発着自社便である6路線のうち3路線の取り扱いの再開が遅れていた。これを10月末までに再開したほか、外航から受託する貨物便搭載分についても一部から段階的に再開している。今回、受託する全3社の貨物便搭載分の取り扱いを12月2日までに全面的に再開するという。


最新記事

すべて表示

関空連絡橋、8日朝に完全復旧

昨年9月に台風21号の被害を受けた関西国際空港の連絡橋が4月8日午前6時、上下各3車線での通行が再開された。これで連絡橋は7カ月ぶりの完全復旧となった。

関西空港連絡橋、3月7日に上下各2車線化

昨年9月の台風21号で被災した西空港連絡橋道路部分が、3月7日午前中に上下各2車線・計4車線を確保できるようになる。 26日の石井啓一国土交通相による会見で公表された。合計で上下各3車線・計6車線による運用が可能となる「完全復旧」は4月上旬になると報告した。従来、完全復旧は春の大型連休までに実現するスケジュールだったため、前倒しの形となる。

日本郵船、神戸CTで船舶受け入れを再開

11月21日、日本郵船は9月の台風21号で被害を受けた日本郵船神戸コンテナ・ターミナル(RC-6/7)の復旧状況を公表した。コンテナクレーン5基中4基の仮修理が10月末に完了したことを受け、一時的に他のターミナルへ寄港していた全ての船舶の受け入れを再開した。残り1基については引き続き修理中となっており、稼働再開には時間を要すると見込んでいる。

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.